インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

アプリケーション開発のアライアンスが1年で拡大

Washington D.C. を拠点として2011年1月に設立されたアプリケーション開発者アライアンス(Application Developers Alliance)は、設立から1年をむかえた。同アライアンスのメンバーは2万人以上の開発者、約120者が参加しており、ソフトウェアエンジニアやアプリケーション開発者の声を代表することを目的の1つとしているという。

SD Timesより。

‘The Alliance helps developers with what Potter said was developers’ most pressing need right now: to know how to take an idea or app and turn it into a business. This is true for developers at startups, he said, as well as for those at brands that are trying to extend their marketing reach or deliver products through a mobile setting.’

[社長のJon Plotter氏によると、同アライアンスは、開発者が現在最も切実に感じているニーズに応えている。アイデアやアプリをいかにしてビジネスに結びつけるかだ。新興企業の開発者にとってはもちろんのこと、市場拡大を狙っている、あるいは、モバイルを通した製品提供を狙っている大手企業にも当てはまる。」

— DevsBuild.Itというリソースセンターも用意している。これは、メンバーやアライアンス自体が収集、作成したメンバー向けコンテンツのライブラリ。

‘DevsBuild.It was launched in December 2012, is still in beta, and is free to individual developers. The Alliance said it answers development-related questions that developers have, but it doesn’t address coding at all.’

「DevsBuild.Itは、2012年12月に開始したもので、現在はまだベータ版。個人の開発者メンバーは無料。同アライアンスによると、コーディング以外の開発に関連した疑問に答えている。」

DevsBuild.It

‘The Alliance hosted more than 50 events in 2012, including a countrywide mobile app series. It said it plans to host a separate series this year on software patents, as well as additional conferences, summits, workshops, meetups, hackathons and webinars.Four working groups were also launched in its first year. ‘

「同アライアンスは、全米的なモバイルアプリ・シリーズなど、2012年に50以上のイベントをおこなった。今年は、ソフトウェア特許に関するシリーズのほか、カンファレンス、サミット、ワークショップ、会合、ハッカソン、ウェビナーなどの開催を予定している。」

‘The groups focused on business and revenue; emerging technologies and research; health and medical apps;  and mobile payments. They are comprised of Alliance members and shape Alliance programs, policies and resources. They provide core expertise and guidance to the Alliance and its members through commissioned research, white papers, policy recommendations and best practices proposals.’

「初年度に4種類のワーキンググループも立ち上がっている。ビジネスと売り上げ、新技術と調査、ヘルスとメディカルアプリ、モバイル決済だ。いずれもアライアンスメンバーから構成され、アライアンスプログラム、方針、リソースなどを作っている。委託研究、ホワイトペーパー、推奨方針、ベストプラクティスの提案などを通して、アライアンスとメンバーに対し、コアとなる専門知識やガイダンスを提供している。」
’Two more working groups—focusing on kids and education, and media and entertainment—are scheduled for launch this year.’

「子供と教育、メディアとエンターテイメントの2種類のワーキンググループも今年立ち上がる予定。」

‘Individual developers can join the Alliance for free by visiting AppAlliance.org. Membership gives them access to the Alliance’s members-only DevsBuild.It resource. There is a fee for companies to join the Alliance, with a pricing structure based on the number of employees. Last year, for example, Potter said that the cost to join ranged from US$200 to $75,000.’

「個人の開発者は、AppAlliance.orgからアライアンスに無料で参加できる。メンバーシップにより、アライアンスメンバー専用の理ソースにアクセスできるようになる。企業が参加する場合は有料で、社員数に応じた価格体系になっている。例えば昨年は、200ドルから75,000ドルであったとしている。」

‘All corporate members receive the same benefits regardless of the size of their organization or the annual fee it pays, Potter said. Corporate Alliance members receive a dedicated page on DevsBuild.It to customize content and distribute materials to the Alliance’s members. Other corporate benefits include business development opportunities, marketing support, events and programming, market research and intelligence, participation in Alliance working groups, service discounts, and policy advocacy.’

「Potter氏によると、企業のサイズや支払った年間費用に関わらず、企業メンバー全て同じ特典を得ることができる。企業のアライアンスメンバーは、DevsBuild.It上に専用のページを持つことができ、コンテンツをカスタマイズし、アライアンスメンバーに資料を配布することができる。その他の企業メンバーの特典として、ビジネスチャンス、マーケティングサポート、イベント、プログラミング、市場調査と分析、アライアンスワーキンググループへの参加、サービス割引、政策弁護などが含まれる。」