インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Mozilla社、開発者プレビュー版のFirefox OSフォンを公開

UbuntuがモバイルOSに参入することは既報だが、MozillaもFirefox OSを予定しており、この度Firefox OSフォンの開発者プレビュー版を公開した。Firefox OS自体は、今年後半にリリース予定。

InformationWeekの記事より

‘The devices, intended for software developers versed in Web development technology, are expected to be available in February. No price has yet been disclosed and there’s no way yet to pre-order the phones. Expect ordering details to be provided shortly.’

「ウェブ開発技術に精通しているソフトウェア開発者向けを意図した端末は、2月にリリースされる予定。価格はまだ明らかになっておらず、プレオーダーする方法もない。まもなく発注のための詳細が明らかになる予定。」

Firefox OS

‘The Firefox OS developer preview phone is being designed by Geeksphone, based in Madrid, Spain, in partnership with Telefonica, one of seven mobile carrier partners that has expressed public support for Mozilla’s mobile operating system. The others include Deutsche Telekom, Etisalat, Smart, Sprint, Telecom Italia and Telenor.’

「開発者プレビュー版Firefox OSフォンは、スペインのマドリッドを拠点とするGeeksphone社が、Mozilla社のモバイルオペレーティングシステムを公的にサポートすると表明している7社のモバイルキャリア・パートナーのうちの1社であるTelefonica社とパートナーシップを組み設計したもの。他の6社は、Deutsche Telekom、Etisalat、Smart、Sprint、Telecom Italia、Telenorだ。」

‘The phone sports a Qualcomm Snapdragon S1 1-Ghz CPU, a 3.5-inch HVGA Multi-touch screen, a 3-MP camera, 4 GB ROM, 512 MB RAM, MicroSD and MicroUSB slots, 802.11n Wi-Fi support, light and proximity sensors, an accelerometer, and GPS. Because it comes unlocked, users can supply their own SIM cards.’

「このフォンは、Qualcomm Snapdragon S1 1GzのCPU、3.5インチのHVGAマルチタッチスクリーン、3百万画素カメラ、4GBのROM、512MBのRAM、MicroSDおよびMicroUSBスロット、802.11 Wi-Fiサポート、光と距離センサー、加速度センサー、GPSを具備する。ロックされていないため、自身でSIMカードを入れることができる。」

‘These specifications don’t quite measure up to current top-of-line smartphones, but that’s the point: Mozilla wants to avoid competing directly with Apple and Google by targeting potential customers in emerging markets who haven’t already committed to a smartphone platform.’

「これらの使用は、現在の最先端のスマートフォンのものとは合致しないが、それこそがポイント。Mozilla社はAppleやGoogleと直接競合することを避け、スマートフォンプラットフォームのまだコミットしていていない新興国市場の潜在顧客をターゲットにしている。」

‘Firefox OS is a mobile operating system based on open Web standards. In addition to running existing Web applications through the mobile Firefox browser, it allows developers to create installable mobile Web apps — available via the Firefox Marketplace — that can interact with mobile phone hardware, to make calls, send text messages, or access GPS data, for example.’

「Forifox OSは、オープンウェブ標準に基づいたモバイルオペレーティングシステム。モバイルFirefoxブラウザを通して既存のウェブアプリケーションを実行できることに加え、開発者はFirefox Marketplaceからインストール可能なモバイルウェブアプリを作成することもでき、モバイルフォン・ハードウェアとの相互動作、電話発信、テキストメッセージの送信、GPSデータへのアクセスなどが可能となる。」

Stormy Peters, director of websites and developer engagement at Mozilla, said in a blog post that the primary reasons for developers to create Firefox OS apps are to keep the Web open, for the simplicity of dealing with a single familiar technology stack, and to be free from the constraints of a vendor-controlled ecosystem.

「Mozilla社のウェブサイトおよび開発者エンゲージメント担当ディレクターStormy Peters氏がブログ投稿で語っているところによると、開発者がFirefox OSアプリを作成する主要な理由は、ウェブのオープン性の意思、単一で馴染みある技術群を取り扱う単純性、ベンダーがコントロールするエコシステムの制約から解放されること。」

‘Further complicating matters, Mozilla can expect to face competition from other open source mobile operating systems, including Canonical’s Ubuntu and Tizen, backed by Intel and Samsung, assuming some mobile carriers sign on.’

「問題をややこしくしているのは、Mozillaは、他のオープンソースのモバイルオペレーティングシステムからの競合に直面することで、Intelとsamsungがバックアップしており、モバイルキャリアのいつくかが契約すると思われるCanonical社のUbuntuやTizenだ。」