インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

アプリケーションはクラウドで開発した方が良い?

アプリケーション開発環境の準備、負荷テストの実施など、クラウドを活用するメリットが大きいが、セキュリティや障害の懸念から、もろ手を挙げてクラウドに傾斜していくというわけにはいかない。InfoWorldアプリケーションはクラウドで開発した方が良い理由を述べている。

‘The results of the Evans Data Cloud Development Survey, conducted in December and released this month, found that cloud platforms reduce overall development time by an average of 11.6 percent. This is largely due to the cloud platform’s ability to streamline the development process, including the ability to quickly get the development assets online. Moreover, cloud platforms provide the ability to collaborate on development efforts, which is also a benefit.’

「12月に実施され、今月リリースされたEvans Data Cloud Delelopment Surveyの結果により、クラウドプラットフォームは、開発期間全体を平均で11.6%削減していることが判明した。その多くは、開発資産をすばやくオンライン化できることなど、クラウドプラットフォームにより開発プロセスを簡素化することができることによる。さらに、クラウドプラットフォームでは、開発を協業できる点でも利点がある。」

Cloud

Image courtesy of papaija2008 at FreeDigitalPhotos.net

‘However, about 10 percent of developers cited no time savings in using cloud-based development environments. An equal amount said they had experienced more than 30 percent in time savings, and 38 percent cited savings in the 11 to 20 percent range.’

「しかし、開発者の10%は、クラウドベースの開発環境で時間節約にならないとしている。同数のものが、30%以上の時間節約を実感しており、38%が、11%から20%の節約になったとしている。」

‘Cloud-based development platforms in PaaS and IaaS public clouds — such as Google, Amazon Web Services, Microsoft, and Salesforce.com — are really in their awkward teenage years. But they show cost savings and better efficiencies. Most developers are surprised when they review the metrics.’

「Google、Amazon Web Services、Microsoft、Salesforce.comなど、パブリッククラウドのPaaSやIaaSにおけるクラウドベースの開発プラットフォームは、実際不器用なティーンエージのようだ。しかし、コスト削減と効率の良さは実現できる。ほとんどの開発者は、指標をレビューして驚く。」

‘Right now, there are two “killer” use cases for cloud computing: big data and app dev and test. If you don’t have a program in place to at least explore the value of this technology, you should get one going right now. Here are the benefits:’

「現在、クラウドコンピューティングには2種類の絶対的ユースケースがある。ビッグデータおよび、アプリ開発とテストだ。少なくともこの技術の価値を確認するためのプログラムがなければ、すぐに手に入れるべきだ。その利点とは以下の通り。

  • The ability to self-provision development and testing environments (aka devops), so you can get moving on application builds without having to wait for hardware and software to show up in the data center
  • The ability to quickly get applications into production and to scale those applications as required
  • The ability to collaborate with other developers, architects, and designers on the development of the application

 

  • 開発やテスト環境(いわゆるdevops)をセルフ・プロビジョン可能。従って、データセンターにハードウェア、ソフトウェアが来るのを待たずとも、アプリケーションを構築可能。
  • アプリケーションの迅速な本番稼動と必要に応じたアプリケーションの増強が可能
  • アプリケーションの開発における他の開発者、アーキテクト、設計者との協業が可能