インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

モバイルのバックエンドを見直す時か?

銀行の預金残高をデスクトップPCなどから確認できるようになって久しいが、これだと、パソコンの前にいる必要があるため、月当たりの平均アクセス回数は3、4回程度らしい。ところが、モバイルであれば、電車やバス待ち、あるいは乗車中でさえ、さらにはカフェでお茶を飲みながら、待ち合わせのちょっと空いた時間でも、確認できてしまうため、月あたり平均15、16回アクセスしているらしい。

となると…

SD Timesのこの記事だ。

‘This, according to Archie Roboostoff, results in more than a quadrupling of traffic to the site, stressing the infrastructure. Roboostoff, the Borland solutions portfolio director at Micro Focus, made the point to illustrate that mobile devices—and mobile access to websites and applications—are changing the expectations of back-end software.’

「Micro Focus社のBorladソリューションポートフォリオのディレクターArchie Roboostoff氏によると、これにより、サイトへのトラフィックが4倍以上になり、インフラに影響を与えている。Roboostoff氏の指摘は、モバイル機器、モバイルによるウェブサイトやアプリケーションのアクセスは、バックエンドソフトに期待する内容が変わってきていることを表している。」

mobile

Image courtesy of Naypong at FreeDigitalPhotos.net

‘It’s this “mobile multiplier” that Roboostoff believes is driving a change in the traditional three-tier infrastructure that defined applications almost since the inception of the Web. “The three-tier infrastructure—Web hed, app server, database—was great. You’d initiate a request and get a response. The response branched off into two-things: real-time acquisition of data, and then caching of things that I’m looking at over and over again. That was doing well for quite some time. We saw a number of customers try to leverage that same infrastructure for when they were putting out their mobile app.’

「このRoboostoff氏が考える『モバイルによる掛け算』は、ウェブの誕生以来アプリケーションのあり方を定義してきた従来の3階層型のインフラに変化をもたらしている。『3階層型インフラ、すなわちウェブ、アプリサーバ、データベースは実にうまくできている。リクエストをだし、レスポンスをエル。レスポンスは2つに分かれる。リアルタイムのデータ取得と、何回も見ることになるもののキャッシュだ。しばらくの間非常にうまくいっていた。モバイルアプリを配置する際、同様のインフラを活用する顧客が多かった。」

— しかしながら、「モバイルによる掛け算」に対応するには、変化が必要だという。

“Let’s say, for simplicity, you’ve got 1,000 end users hitting your website on a daily basis,” he continued. “Now those end users typically have more than one device, and they’ll start interacting with your back end a little bit more often, especially if you’re getting into a customer intimacy application, where you’re wanting to push data more often. So the volume of data is increasing, the level of frequency of that data is increasing, and the problem is the infrastructure is set up for the requester of that data coming in on a very high-speed network, when in fact the majority of the data is coming in from a vastly slower network, a 3G or 4G network, which are still fast but not fast compared to a fiber-optic network. A lot of those issues…the need to have very quick responses for in-app purchases, the fact that security is still kind of an issue with REST-based services, that’s kind of driving the need to change how people think about how they implement their back-end infrastructure, [and] the technology they’re using to deliver that back-end infrastructure.”

『例えば、単純な場合、1000人のエンドユーザが日次でウェブサイトにアクセスしているとする。これらのエンドユーザは通常1台以上の機器を有し、もう少し頻繁にバックエンドとやり取りし始めるだろう。もっと頻繁にデータをプッシュしたい、顧客密接型のアプリケーションを手がけていけば如実だ。すると、データ量は増加していき、データの頻度レベルも増大していくが、問題は、データ要求が、超高速ネットワークからやってくることを前提にインフラがセットアップされているにも関わらず、実際には、データの大半は、十分速いとはいえ、ファイバーネットワークから見れば低速の3Gや4Gの低速のネットワークからやってくるということだ。アプリ内での購入に対する迅速なレスポンスの必要性、RESTベースのサービスではまだセキュリティの問題があるという事実など、多くの問題があり、それにより、バックエンド・インフラをどう実装するかの考え方や、バックエンドインフラ提供に使用する技術に変化を促している。」

‘Roboostoff pointed to such things as node.js, which creates smaller, localized servers, and Kaazing’s WebSocket Gateway, which is designed to fire off rapid requests over and over again—“almost like mini HTTP servers”—as ways to address these issues.
“We’re seeing customers setting up dedicated infrastructure for mobile traffic,” said Roboostoff. “Microsoft and IBM will make the necessary adjustments in their technologies eventually” to accommodate mobile applications, he said, and he’s seeing companies like AppFog, which offers a Platform-as-a-Service, making a number of acquisitions for higher-speed, higher-scale node.js deployments.’

「Robootstoff氏は、小さい、ローカル化されたサーバを作るnode.jsや、『ほとんどミニHTTPサーバのごとく』何度もリクエストを迅速に発行するよう設計されたKaazingのWebSocket Gatewayのようなものを、これらの問題に対する対策として上げている。Roboostoff氏によれば、『モバイルのトラフィックに対応するために専用のインフラを容易する顧客もいる。MicrosoftやIBMもいずれ、技術を変化させていくであろう』。同氏は、AppFogのようなPaaSを提供する会社が、高速、スケーラブルなnode.jsの実装を取り込んでいっているとしている。」

Another key technology Roboostoff cited is HTML5, which enables developers to give customers the look and feel that they’ve become accustomed to with their consumer applications.
For enterprise organizations, this means making sure their transaction gateways are strong enough to satisfy such things as in-app purchases; when players buy 100 coins in the middle of a game, you need to verify the coins are delivered without hanging up the game, he said.

「もう1つのキーとなる技術として、Roboostoff氏は、HTML5を上げている。HTML5では、顧客にとって馴染み深いルック&フィールを開発者が提供できる。企業では、トランザクションのゲートウェイが、アプリ内購入などを満足するに十分強力でなければならないことを意味する。プレーヤがゲームの途中で100コインを購入しても、ゲームがハングすることなくコイン購入を完了できるようにする必要がある。」

‘Further, these organizations must be able to test their applications across every platform, not only functional and load testing, but also doing network simulation to ensure the application will perform optimally regardless of where the request is coming from.’
「さらに、これらの議場は全てのプラットフォームでアプリケーションをテストする必要があり、機能テストや負荷テストだけでなく、どこからリクエストが来ようと、アプリケーションが最適に動作するよう、ネットワークシミュレーションを行なう必要がある。」