インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

2013年、クラウドコンピューティングの4大トレンドとは?

2013年、クラウドコンピューティングはどうなっていくのか。はたして大きな変化はないのか。あるいは新しい変化が起こるのか。Quantum社のクラウドソリューション担当上級副社長Henrik Rosendahl氏による顧客から得た情報をもとにしたトレンド予想が、Information Managementのサイトに紹介されている。

‘Backup to the public cloud as an extension of virtual infrastructures.Enterprises have been looking at private cloud solutions as an extension of their virtual infrastructures, where a VMware environment works in concert with a local backup solution, Rosendahl says. But how do you back up your data when it’s sitting in the public cloud, where you aren’t in control of it any more? Addressing this challenge will become more urgent this year, he says, as emerging solutions gain traction.’

仮想インフラの延長としてパブリッククラウドにバックアップする。Rosendahl氏によると、企業はローカルバックアップ・ソリューションと連動するVMware環境である自社の仮想インフラの延長として、プライベートクラウド・ソリューションを検討している。しかしコントロール下にないパブリッククラウドにデータがある時、どのようにバックアップするのであろうか。ソリューションが現れ、注目されていくにつれ、この課題への対策が今年火急な課題になると同氏はしている。」

ID-10061595

Image courtesy of KROMKRATHOG at FreeDigitalPhotos.net

‘Cloud subscription models. Cloud continues to generate hype and attention, for both consumers and enterprises, Rosendahl says. “Most enterprises are still in the early adopter phase, but we’ll begin seeing more customers who are prepared to discuss their experiences with [the] cloud,” he says. The cloud subscription model is enabling a “pay as you grow” approach to adding backup/archive resources that allows companies to pay only for the capacity they need, when they need it. “We’ll soon have more data points to judge how the promise of this approach is playing out for a range of industries,” he says.’

クラウドサブスクリプション・モデル。Rosendahl氏によれば、一般消費者および企業向けで、クラウドは依然として話題となり注目を集めるという。『多くの企業はまだ、アーリーアダプターの段階だが、クラウドでの経験を語れる顧客が増え始めている』と同氏。クラウドサブスクリプション・モデルは『増えた分だけ支払う』手法が可能で、バックアップやアーカイブのリソースを追加する場合でも、必要な時に必要な容量分だけ支払えばよい。『多くのデータポイントが出てきて、この手法が幅広い業界でうまくいくかを判断できるようになる。』と同氏」

‘Cloud-based disaster-recovery-as-a-service. Leveraging offsite resources, such as the public cloud storage for backup and DR, is proving increasingly viable as a best practice for a wider range of companies, Rosendahl says. “This area is gaining traction as enterprises and SMBs look for cost-effective ways to implement a DR strategy,” he says.’

クラウドベースのサービスとしてディザスタリカバリ。バックアップやDRのためのパブリッククラウド・ストレージなどのオフサイトリソースを活用することは、幅広い企業にとってのベストプラクティスとして、ますます実現可能なものであるとなってきている、と同氏。『企業や中小企業がDR戦略を実装するコスト効率の高い方法を求めているため、この分野は注目されている』」

‘Integrating de-duplication and cloud data protection. Deduplicating data before it is sent to a cloud storage service will increasingly be viewed as an integral component for cost-effective cloud-based backup, Rosendahl says. The services that aren’t specifically designed to optimize this capability will find it harder to compete, he says.’

重複排除とクラウドデータ保護の統合。Roshendahl氏によれば、クラウドストレージ・サービスに送る前にデータの重複排除を行なうことが、コスト効率の高いクラウドベースのバックアップを行なうためのコンポーネントとして、見られている。この機能を最適化することを目的に特に設計されたわけではないサービスは競合するのが難しい、と同氏。」