インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Compuware社、アプリケーション性能管理のベストプラクティスとトレンドの最新レポートを発表

Compuware社は、同社のアプリケーション性能管理(APM)センター・オブ・エクセレンスのリーダーとエキスパートが執筆した、2003年版アプリケーション性能管理の最先端とトレンドのレポートを発表した。これは技術的なトピックについて10種類の論文をまとめたもの。

‘For organizations that depend on high-performance applications, the collection provides an easy-to-absorb overview of the evolution of APM technology, best practices, methodology and techniques to help manage and optimize application performance. ‘

「ハイパフォーマンスアプリケーションに依存している組織では、この論文集によりAPM技術、ベストプラクティス、アプリケーション性能の管理や最適化に役立つ手法や技法の概要を簡単に吸収できる。」

‘The APM Best Practices: 2013 APM State-of-the-Art and Trends collection helps IT professionals and business stakeholders keep pace with these changes and learn how application performance techniques will develop over the new year. The collection not only explores APM technology but also examines the related business implications and provides recommendations for how best to leverage APM.’

「APMベストプラクティス:2013年APM最先端とトレンドの論文集により、ITのプロやビジネスのステークフォルダーは、これらの変化に遅れることなく、どのようなアプリケーションパフォーマンス技法が出現するかを学ぶことができる。論文集はAPM技術を知るばかりではなく、ビジネスとどのように関連しているか、APMをいかに活用すべきかを検討することができる。」

Compuware

本論文集には以下のものが含まれる。

  • managing application complexity across the edge and cloud;
  • top 10 requirements for creating an APM culture;
  • quantifying the financial impact of poor user experience;
  • sorting myth from reality in real-user monitoring; and
  • lessons learned from real-world big data implementations.

 

  • 末端からクラウドに至るまでの複雑なアプリケーションを管理する
  • APM文化を築くための必要な10のポイント
  • 使い勝手が悪いことによる財務的影響を数量化する
  • リアルなユーザのモニタリングにより真実と神話を仕分けする
  • 実世界のビッグデータ実装から学んだこと