インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Javascriptコードのデバッグ、品質向上にJSHint

JSHintは、Javascriptコードの潜在的バグを見つけ出し、Javascriptのプログラミング環境を向上させるためのJavascript向け分析ツール。

‘JSHint scans your program’s source code and reports about commonly made mistakes and potential bugs.’

「JSHintはプログラムのソースコードをスキャンし、よくある間違いや、潜在的なバグをレポートする。」

‘The potential problem could be a syntax error, a bug due to implicit type conversion, a leaking variable, or any of the other 150+ problems that JSHint looks for. JSHint is flexible enough so you can adjust it to your particular coding style. This flexibility doesn’t prevent JSHint from spotting many mistakes and potential problems in your code before you deploy them live.Since JSHint is written in JavaScript, it can be used as a web application, command-line tool or a Node.JS module.’

Image courtesy of twobee at FreeDigitalPhotos.net

Image courtesy of twobee at FreeDigitalPhotos.net

「潜在的問題には、文法エラー、暗黙的タイプ変換によるバグ、変数のメモリリーク、その他150以上の問題が含まれる。JSHintは十分柔軟性があるため、自身固有のコーディングスタイルに合わせることができる。この柔軟性にもかかわらず、本番移行前に数多くの誤りや潜在的な問題を探し出す。JSHint自身はJavascriptで書かれているため、ウェブアプリケーションとして、コマンドライン・ツールとして、あるいはNode.JSモジュールとして利用できる。」