インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

DataStax社、Apache Cassandraベースのビッグデータ向けソリューションのコミュニティ用新バージョンをリリース

カリフォルニア州サンマテオを拠点とし、Apache Cassandraベースのスケーラブルで、柔軟性があるビッグデータ向けプラットフォームのコミュニティ版1.2をリリースした。同バージョンには、Cassandra用の可視化とモニタリングツールである無料版のDataStax OpsCenterが含まれているという。

DataStax Community Edition 1.2には以下のApache Cassandraの機能が含まれる。

  • Virtual nodes, which improve the granularity of capacity increases, dramatically improve repair and rebuild times in larger clusters, and automatically keep the data in clusters balanced across all nodes
  • CQL3 improvements, notably the addition of collection types, query-able system information, and a CQL-native protocol
  • Request tracing allows developers and administrators to trace CQL requests on an individual or collective basis and easily understand what statements in a cluster are causing performance problems
  • Atomic batches ensure multiple statements sent to a cluster in batch are always applied in an all-or-nothing basis
  • Configurable policies for disk failure

 

  • キャパシティ増加の粒度を向上させ、大規模クラスターの修復と再構築時間を大幅に改善し、全ノードにわたりクラスターのデータを自動的に維持する仮想ノード。
  • コレクション・タイプ、クエリ可能なシステム情報、CQLネイティブ・プロトコルを追加したCQL3改善
  • 開発者や管理者がCQLリクエストを個別あるいは、まとめてトレースでき、クラスタ内のどのステートメントが性能問題を起こしているかを見つけることができるリクエスト・トレーシング機能。
  • バッチでクラスタに送られた複数のステートメントが常にオール・オア・ナッシングのベースで適用されるようにするアトミック・バッチ
  • ディスク障害に対するポリシーの設定

DataStax

‘DataStax Community Edition 1.2 also features many performance improvements to memory usage, column indexes, compaction, streaming, startup time and more.’

「DataStax Community Edition 1.2はまた、メモリ使用、カラム・インデックス、コンパクト化、ストリーミング、スタートアップタイムその他で、数多くの性能向上が図られている。」