インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ビッグデータ・アナリティクスのGuavus社、3000万ドルの資金を調達

カリフォルニア州サンマテオを拠点として2006年に設立された、ビッグデータ・アナリティクスのソリューションを提供するGuavus社が、3000万ドルの資金を調達したと発表した。増大するビッグデータ・アナリティクスの需要に応えるべく、コア製品とオペレーション拡大に資金を活用するという。

‘”Guavus has a very impressive stable of customers who are seeing tangible value from big data,” said Albert Kim, Managing Director of IGC. “In the jargon-filled big data market of today, Guavus uniquely stands out with its focus on big data applications that allow customers to improve their business operations, and deliver transformative experiences to their end customers. We are delighted to be part of the Guavus story.”’

「『Guavus社は、ビッグデータから確かな価値を見出している素晴らしい安定顧客を持っている』とIGC社のマネージング・ディレクターAlbert Kim氏。『今日の専門性に満ち溢れた市場では、Guavus社は、顧客が経営を改善できるビッグデータアプリケーションに集中することにより際立っており、エンドユーザに変化をもたらしうる。Guavus社の構想の一部に参加でき光栄だ。』」

Guavus

‘For the past six years, Guavus has been pioneering holistic big data analytics solutions for tier-1 communications service providers with great success. The company has developed a rich & growing suite of decisioning applications that have pre-built intelligence for faster time to insights. These valuable insights, which span across network, device, content and subscriber analytics, have allowed carriers to both realize cost savings by optimizing network capacity and increase revenues by delivering a better consumer experience.’

「過去6年間、Guavus社は、第一層のコミュニケーション・サービス・プロバイダ向けにビッグデータ・アナリティクスソリューションを提供し大成功を収めた先駆者。同社は、短時間に眼識が得られるよう、予め組み込まれたインテリジェンスを持つリッチで拡大中の意思決定アプリケーション群を開発した。これらの価値ある眼識は、ネットワーク、デバイス、コンテンツ、サブスクライバーのアナリティクス全般にわたり、キャリアが、ネットワークキャパシティを最適することによりコスト削減を実現できるとともに、より良い顧客サービスを提供することにより売り上げ増を実現してきた。」