インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Google、Google Driveでペーパーレスを推進

Googeは、Google Driveでペーパーレスを推進するらしい。デジタル化が進むにつれ、紙が不要になるどころか、逆に紙の消費量が増えているのは日本もアメリカも同じ。だからといってGoogleは、CloudPrintサービスを出来るだけ使わないように、印刷指示を出すたびに「本当にプリントしていいのですか?」なんていうポップアップを出るようにする、というわけではないらしい。

InformationWeekの「Google Pushes Paperless Pledge」から。

‘”This year, Google Drive is part of the Paperless Coalition, a group of organizations and products that help you live completely in a paper-free world,” declared Google product marketing manager Meredith Blackwell in a blog post.’

「今年、Google Driveは、ペーパーレス連合の一部になる。これは完全にペーパーフリーな世界で生きていけるようにする企業や製品のグループだ」と、Googleのプロダクトマーケティング・マネージャMeredith Blackwellがブログ記事で宣言している。」

‘Joining Google in its coalition are several other online services: HelloFax, an online fax service; Manilla, an online bill management service; HelloSign, an e-signature service; Expensify, an online expense reporting service; Xero, an online business accounting service; and Fujitsu, which makes the ScanSnap scanner.’

「Googleが参加するこの連合には他のオンラインサービスも参加している。オンライン・ファックスサービスのHelloFax、オンライン請求管理サービスのManilla、電子署名サービスのHelloSign、オンライン経費精算サービスのExpensify、オンラインのビジネスアカウンティング・サービスのXero、ScanSnapスキャナーを提供する富士通だ。」

‘The proliferation of portable and tablet computers since then may have changed the equation somewhat. Nevertheless, paper isn’t simply a vestigial medium in the digital age. It has its uses and its advantages.’

「ポータブルやタブレットコンピュータの広まりが、ある程度方程式を変えたかもしれない。それでも、紙はデジタル時代における単に古いメディアではない。使い道と利点があるのだ。」

‘Data centers, meanwhile, still struggle to be green. Environmental groups like Greenpeace continue to criticize the data centers of large online companies like Amazon, Apple, Microsoft and Google for over-reliance on energy derived from coal.’

「一方、データセンターはグリーン化に苦悩している。グリーンピースなどの環境団体はAmazon、Apple、Microsoft、Googleのような大規模オンライン企業のデータセンターを、石炭からのエネルギーに依存しすぎているとして非難している。」

Image courtesy of pisitphoto at FreeDigitalPhotos.net

Image courtesy of pisitphoto at FreeDigitalPhotos.net

‘What’s more, the energy cost to produce and print a sheet of paper appears to be comparable to the cost of consuming a similar amount of digital media, at least when the calculation is made with energy-hungry desktop computers. In a 2010 paper, Tejo Pydipati, then a Stanford graduate student, claimed that the approximately six-minute reading time for a two-page electronic document consumes from 153.3.kJ (desktop) to 16.4 kJ (laptop), roughly the same on the high end as the 146.5 kJ required to produce a sheet of paper printed on both sides.’

「さらには、紙一枚を生産し、印刷するためにエネルギーコストは、同程度の量のデジタルメディアを消費するコストと同じぐらいであることが判明している。少なくとも、エネルギー消費が大きいデスクトップコンピュータで計算する限りは、である。2010年のレポートで、当時スタンフォード大の院生Tejo Pydipati氏によれば、2ページの電子書類を6分かけて読むと、約153.3kJ(デスクトップ)から16.4kJ(ラップトップ)を消費し、ハイエンドでもほぼ同じで、両面プリントした場合、1枚あたり146.5kJ消費する。」

‘Pydipati concludes that electronic media consumption is preferable for email messages that will be read once, quickly. But for documents that need to be displayed many times, he argued that printing represents a valid alternative.’

「Pydipati氏は、電子メディアの消費は一度だけ、すぐに読んでしまうEメールに向いているとしている。しかし、しかし、何度も表示する必要があるドキュメントでは、印刷は、妥当な選択肢だと主張している。」

‘Cloud computing is certainly becoming more compelling as a path toward environmental responsibility, but it isn’t yet a paperless path. Rather than pledging to go paperless, businesses should consider how they use paper in less absolutist, more practical terms.’

「クラウドコンピューティングは確かに、環境保護に向けて必須となってきているが、まだペーパレスの域にまで達していない。ペーパーレスに行くと決めるよりも、紙を絶対的ではなく、もっと現実的な形で使うことを考えるべきだ。」