インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

UbuntuもモバイルOSに参入へ

Ubuntuといえば、Canonical社が提供する、最も広く利用されているLinuxディストリビューションの1つだが、そのUbuntuがモバイルOS分野に進出するらしい。Adroid、iOS、さらにはWindows 8で溢れかえっていると思われる状況であるにも関わらず、である。

AllThingsDの記事「Ubuntu to Join the Crowded Mobile OS Fray」から。

‘On Wednesday, Canonical shared more details on Ubuntu, the Android-based operating system aimed squarely at taking the third-place seat behind the two current market leaders, Android and iOS.’

「水曜日、Canonical社は、Ubuntuに関する詳細を公表した。Androidベースのオペレーティングシステムで、AndroidとiOSに次ぐ第三位の地位を狙ったもの。」

Ubuntu - Canonical

‘but Canonical is positioning the OS as “more immersive, less cluttered” and easily navigable. The company also claims it is strong enough to function as a PC, which means that it can hook up to desktop peripherals and work like any old computer (though that sort of implementation wasn’t a huge draw for Motorola).’

「しかしCanonical社は、このOSを『よりまとまって、『散らばっておらず』、ナビゲートしやすいものと位置づけている。同社はまた、PCとしても十分に機能するものであるとしており、これは、デスクトップの周辺機器に接続でき、昔のコンピュータのように動作することを意味する(もっとも、この種の実装はモトローラにとってさして魅力がなかったようだ)。」

‘Here’s the thing. RIM already has a strong (though waning) foothold in the market. Microsoft is pumping hundreds of millions into its Windows Phone bet. And third-place contenders of the past, like webOS, have tried and failed to gain a meaningful following.’

「つまりは、RIMが既に市場で確かな足場を築いている(もっとも消えつつあるが)。マイクロソフトは数億ドルをWindows Phoneに賭けている。さらに過去、webOSなど第三位の位置を狙ったものは、さほど支持を得ることはできなかった。」

‘Even if you disregard those big players, there are others fighting for the title. Firefox willcompete with a browser-based OS, and then there’s the Linux-based Tizen in development by Intel, Samsung and others.’

「これらのビッグプレーヤを無視したとしても、他に挑戦者がいる。Firefoxはブラウザ・ベースのOSで競合するであろうし、Intel、Samsung他で開発中のLinuxベースのTizenもある。」

‘So it’s hard for me to see how Ubuntu, which isn’t expected to ship on smartphones until at least 2014, will put up a decent fight.’

「従って、2014年までスマートフォン向けに出荷されるとは思われないUbuntuがまともな戦いになるとは思われない。」

— 第三位狙い、というターゲットでは、市場で生き残るのが難しいのが世の常ではないかな。