インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

通勤を楽にする米国での試みMoovit

都心部では、バスと電車、いずれでも通勤できるケースがあったとしても、バスは時間通りに来るかどうかもわからず、また、混んでいるかもしれない。かといって鉄道ルートも混んでいるかもしれない。迂回ルートが空いているとは限らないのだ。結果、なかなか通勤地獄から逃れない。多少の事情の差はあるが、これは日本でも米国でも同じ。そんな状況を何とかならないか考えたのがMoovitというアプリだ。

FastComany記事から。

‘Apps and software can analyze route schedules and closure notices, and New York’s MTA certainly wants to help developers with that. But there are more dimensions to travel than can be plotted out and geo-located, and those unseen realms are where new mobile appMoovit intends to step in and start mapping things out.’

「アプリやソフトはルートのスケジュールや閉鎖の通知を分析できるが、ニューヨークのMTA(ニューヨーク州都市交通局)はまさに開発者を支援している(MTAでは各種情報を公開して、開発者がそれらのデータを活用したアプリやソフトを開発できるように支援している)。しかし移動には、プロットしたり位置情報を明らかにすること以上の次元があり、これらに目に見えてない現実こそが、モバイルアプリMoovitが取り組み、マッピングしようとしているものだ。」

Moovit

‘Moovit just launched in New York, NY in late December, but has racked up nearly 300,000 downloads in cities across the U.S., Canada, and Latin America. Moovit provides the base “static” data needed to plan a trip, but every Moovit user also has a chance to contribute tips and reports from their own public transit trips: crowded buses, unexpected closures, handicapped seating availability.’

「Moovitは12月の終わりにニューヨークでリリースされたものだが、米国、カナダ、ラテンアメリカにわたりほぼ30万ダウンロードに上った。Moovitは移動を計画するために必要な基本的な『静的』データを提供するが、各Moovitユーザには、自身の公共交通機関での状況からアドバイスやレポートを提供する機会が与えられる。バスの混み具合、予期せぬ運休、優先座席の空き具合などだ。」

‘In other words, if the MTA claims a bus is arriving at 49th St. & 5th Ave. at 3:12 p.m., but a Moovit rider on that bus is still at 57th & 5th at 3:09, Moovit should let you know that, hey, maybe walking to the subway is, just today, kind of worth it.

「言い換えれば、MTAが午後3時12分に48番街と5番街の交差点に着くとしているとしても、そのバスに乗っているMoovitユーザは、午後3時9分にまだ57番街と5番街の交差点にいれば、Moovitは、今日は地下鉄の駅に向かった方がいいかもしれないと知らせてくれるとういものだ。」

‘In U.S. cities, Moovit will likely face a familiar chicken-and-egg issue as it tries to build up a user base in multiple cities, which then improves the frequency of unique reports, and that attracts users, and so on. Moovit helps its cause with a background app capacity. The app can notice when someone who launched it is suddenly moving much faster, and therefore probably hopped a bus. It then might show a notification, asking how the bus is moving and looks inside; that notification disappears after about 10 seconds.’

「Moovitが複数の都市でユーザベースを構築し、そうすれば、ユニークな報告の頻度が向上し、それにより、さらにユーザをひきつけていくことになるため、Moovitはよくある「鶏が先か卵が先か」の問題に直面する可能性が高い。Moovitはバックグラウンドのアプリ機能でその流れを引き起こそうとしている。アプリを立ち上げている誰の動きが急に速くなれば、恐らくバスに乗ったのだと、アプリは認知する。そうすれば、通知を表示し、バスはどんな感じで動いており、中はどんな様子かを尋ね、10秒後に通知は消滅する。」