インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Onit社、業務プロセス管理、コラボレーション、プロジェクト管理を一体化したSaaSを提供開始

テキサス州ヒューストンを拠点とし、業務の効率化、コストコントロール、プロジェクトの見える化、企業リスクの低減を支援するアプリを提供しているOnit社が、業務プロセス管理、コラボレーション、プロジェクト管理を一体化し、業務効率とプロセス管理アプリをSaaSツールとして提供すると発表。

Onit App Builderは、クリティカルな業務プロセスを継続的に向上させるためのアプリを簡単に構築し、実装できるプロセス・オートメーション・プラットフォームだという。

onit App Builderの主要な機能は以下の通り。

  • Enables Process Development with Intuitive User Interfaces. Traditional process development requires the use of process mapping software that is counter-intuitive to process stakeholders. While process maps are important, most business people simply do not find those tools intuitive. More importantly, they can’t see how processes developed in this way will improve the way they work and provide the flexibility that they need as knowledge workers to get their jobs done.
    With Onit App Builder, companies now have a tool that improves engagement of knowledge workers in process development with a user interface they can understand and use. In this new paradigm, traditional process mapping moves to a back office function derived from the user interface. Business staff now enthusiastically participate in process discipline because they have the instant feedback of seeing how a process discipline will improve the way they work.
  • 簡単なユーザインタフェースでプロセス開発が可能。従来のプロセス開発では、プロセスのステークフォルダーにとって、簡単とは程遠い、プロセスマッピングソフトウェアを使用しなければならなかった。プロセスマップは重要ではあるものの、業務に携わる人間のほとんどにとって、これらのツールは簡単ではない。さらに、この手法で作ったプロセスが自身の仕事や、知識労働者が仕事をこなすために必要な柔軟性がどのように実現されるかがわからない。Onit App Builderであれば、企業は理解でき、使えるユーザインタフェースでプロセス開発に知識労働者を巻き込むことができる。この新しいパラダイムでは、従来のプロセスマッピングはユーザインタフェースから取り除かれ、バックオフィスに移動する。ビジネススタッフは、自分たちの仕事をプロセス統制が向上させるかを理解できるため、即座にフィードバックできるため、プロセス統制に積極的に参加するようになる。

onit

  • Short Development Time Implemented by Functional Service Groups. Onit App Builder radically reduces “time to pilot” and “time to value.” Simple process pilots can be ready for implementation in hours and in production within days.
  • 機能サービスグループにより短時間で開発可能。Onit App Builderは『パイロットまでの時間』や『価値を生むまでの時間』を大幅に削減する。シンプルなプロセス・パイロットは、数時間で実装でき、本番でも数日で可能。

 

  • Flexibility for Stakeholders. Implementation through Onit App Builder technology provides process stakeholders with the flexibility to route, comment, revise and track progress of the service to accommodate the variability and unpredictability inherent in knowledge work.
  • ステークフォルダーにとっての柔軟性。Onit App Builder技術による実装により、知識労働に必ず存在する変動性と不確実性に適応させるため、プロセスステークフォルダーは、サービスの進捗に対し、ルーティング、コメント、変更、トラッキングを柔軟に行なえる。

 

  • Standard Intuitive Interface. Applications developed through Onit App Builder provide simple intuitive interfaces with standard features that allow the user to focus on the process instead of how the application works. This means little or no training, dramatically reducing the time and cost of App deployment.
  • 標準の簡単なインタフェース。Onit App Builderで開発したアプリケーションでは、シンプルで分かりやすいインタフェースと標準の機能により、アプリケーションがどのように動くかではなく、プロセスそのものに集中できる。これは、トレーニングがほとんど不要、あるいは全く不要で、アプリ開発の時間とコストを大幅に削減できる。

 

  • Standard Versus Custom Development. Onit App Builder takes the approach of fixing the process and not the problem.
  • 標準対カスタム開発。Onit App Builderは、プロセスを直す手法であって、問題を解決する手法ではない。

 

  • A “Learn By Doing” Approach. The focus is on learning the optimal process through feedback from rapid deployment rather than a customized and expensive development of complex process maps and workflow design that anticipate every possible contingency that may or may not occur.
  • 「習うより慣れろ」的手法。起こるか起こらないかわからない偶発的なことを心配しつつ複雑なプロセスマップやワークフロー設計をカスタマイズで高価な開発を行なうのではなく、ラピッド開発でフィードバックによって最適なプロセスを学んでいくことが主眼。