インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

開発したソフトウェアのメンテナンスコストが上昇中?

ソフトウェアを開発したはいいが、当初の開発費だけでなく、そのソフトウェアを維持し、さらに機能強化し続けていくのにもコストがかかる。そのコストが増加しているとすれば、見逃すわけにはいかない。

‘In its last poll, Methods & Tools asked the question: “What part of your software development budget is devoted to maintenance (enhancing deployed software)?”’

「最新の調査で、Methods & Toolsでは以下の質問を出した。『ソフトウェア開発予算をどれくらいメンテナンス(実装済みソフトの強化)に割いているか?』」

その結果は:

ソフトウェア開発のメンテナンスコスト(Source: Methods & Tools)

Participants(回答者): 192 / 433
Ending date(回答日): December 2012 / October 2007
Source(出典): Methods & Tools Software Development Magazine

‘This survey shows that the share of maintenance in the software development budgets is increasing, even if software development budgets are also supposed to get bigger. A similar poll on the same topic was performed by Methods & Tools in 2007. At that time, only 36% of the participants were spending more than 50% of their software development budget for maintenance activities and only 12% were spending more than 75%. Currently, the number of participants spending the majority of their software development budget in maintenance is 48%. The most important change has been in the category that spends more than 75% of their budget on maintenance that has more than doubled.’

「この調査では、ソフトウェア開発予算も増大するとしても、ソフトウェア開発予算におけるメンテナンスの割合が増加するとなっている。2007年にはMethods & Toolsで同じ話題で同様の調査を行なっている。その際は、回答者の36%がメンテナンス活動にソフトウェア開発予算の50%以上を費やしており、12%が予算の75%以上を費やしている。現在ソフトウェア開発予算の大半をメンテナンスに費やしている回答者は48%。最も重要な変化は、メンテナンスに予算の75%以上を費やしているカテゴリが、2倍以上に増えていることだ。」

‘There are many explanations to this situation. The first reason is the economic crisis that hit companies around the world in 2007-2008. This might have limited the number of new software development projects launched. Another reason is that many organizations have already converted their applications to the web technologies. Thus they work now more on enhancing their current software portfolio, but there are no new major technology shifts that require a massive rewriting of applications.’

「この状態にはいろいろな説明ができる。第一の理由は、2007年から2008年に世界中の企業を襲った経済危機。これにより、新しいソフトウェア開発プロジェクトの数が制限されたかもしれない。もう1つの理由は、多くの企業がアプリケーションをウェブ技術にコンバートしてしまっていること。従って、現在のソフトウェア・ポートフォリオを強化することに注力しているが、アプリケーションを大幅に書き換える必要があるような、大きな技術シフトではない。」

Another way to consider these numbers is that with the current adoption of Agile software development approaches, software applications are now delivered faster in production. Gone are the days were you were spending two years to develop a new system. As initial releases are already available after some months, the amount of time dedicated to “enhance” an existing software application is getting bigger.

「もう1つの数字の見方としては、アジャイルソフトウェア開発手法の採用により、ソフトウェアアプリケーションを本番に素早く提供できるようになっている。新しいシステムを開発するのに2年かかるような時代は過ぎた。数ヶ月後には初期リリース版が提供され、既存ソフトウェアアプリケーションを『強化』することにかける時間がますます大きくなっている。」