インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

2012年版すばらしきアプリたち?

今年2012年に数多くのアプリがリリースされているが、その中でも注目すべきアプリ11種類をInformationWeekでリストアップしている。すべて同意できるわけではないかもしれないが、1つの見方として確認しておくのも悪くなかろう。

1. Mozilla Popcorn Maker

Mozillaといえば、Firefoxが最も有名なわけだが、

‘…its most compelling release of 2012 was Popcorn Maker, a tool for altering, enhancing and adding interactivity to Web video. It’s important because it further democratizes video as a means of communication. It’s open source. Services like YouTube, Vimeo, and the like have lowered the bar for video distribution, but editing and altering existing video has remained a somewhat demanding task.’

「同社の2012年で最も賞賛すべきリリースはPopcorn Makerであった。これは、ウェブビデオを変更、強化し、操作性を付加するためのツールだ。コミュニケーション手段の1つとしてビデオをさらに広めるという点で、重要だ。オープンソース。YouTube、Vimeoのようなサービスで、ビデオ配布のバーを下げたものだが、既存ビデオの編集や変更はまだ手間がかかるたぐいのままだ。」

Image courtesy of Stuart Miles at FreeDigitalPhotos.net

2. Google Now

‘Introduced as part of Android 4.1 (Jelly Bean), Google Now represents a working example of the intelligent agents that computer scientists have been predicting for decades. The software surfaces relevant information to the user based on his or her activities and location. Think of it as a cross between search suggestions and Siri. It can, for example, tell you when to leave your current location based on known traffic and the distance to your destination. It’s far from perfect, but it works well enough to make the notion of smart agent software a bit less laughable.’

「Android 4.1(Jelly Bean)の一部としてリリースされたもので、何十年にもわたりコンピュータ科学者が予測していたインテリジェント・エージェントの実施例だ。このソフトウェアは、ユーザの活動や位置に基づいて関連情報を表示するもの。検索サジェスチョンとSiriとを組み合わせたものと考えればよい。例えば、これまでの交通事情と目的地までの距離に応じて、いつ現在地から出発すれば良いかを教えてくれる。完璧からは程遠いが、スマートエージェント・ソフトウェアの概念が笑い事ではないことを証明するには十分だ。」

3.  Apple iTunes 11

‘An aesthetic improvement over previous versions, Apple’s app for managing and selling content on its devices remains a source of contention. Some users hate it; others like it fine, but there’s no doubt it’s a holdover from the desktop era. It poses as an app that empowers users by helping them manage their content across Mac OS computers and connected iOS devices.’

「前バージョンから見た目も向上されたAppleのアプリは、デバイス上のコンテントを管理し販売するもので、論争の種になっている。ある者は毛嫌いし、気に入っている人もいるが、デスクトップ自体からの残骸物であることは間違いない。MacコンピュータとiOSデバイスのコンテンツを管理できるようにするアプリのように見せている。」

4. Windows 8

‘Microsoft’s future depends largely on the fate of Windows 8 and on how its operating system software fares on mobile devices. Initial adoption appears to be slower than anticipated, but Microsoft’s business customers tend to wait before upgrading and consumers appear to be daunted by the estimated two-week learning curve. Sooner or later, they’ll warm to Windows 8. Apple and Google will make small gains, but Microsoft can count on a long half-life as its desktop hegemony decays.’

「Microsoftの将来はWindows 8の運命と、オペレーティングシステム・ソフトウェアがモバイル機器でどの程度やっていけるかに大きく依存している。初期段階の採用は予測よりも低かったが、Microsoftのビジネス顧客は、アップグレードを待つ傾向があり、一般消費者は想定される二週間の学習曲線にくじけてしまったようだ。いずれWindows 8を採用していくであろう。AppleやGoogleは多少シェアを獲得するだろうが、Microsoftは、デスクトップの主導権が崩壊するものの、その半減期は長いと判断できるだろう。」

5. Incredipede

‘More games are released every year than anyone could possibly play. But wonderful, thought-provoking games are few and far between. Incredipede is one such game. Like other noteworthy indie games such as Braid, Super Meat Boy, and the World of Goo, Incredipede exists at the intersection of entertainment and art. In contrast to the soulless commercialism of social games and websites, Incredipede is authentic, quirky fun.’

「誰もプレイできないほどのゲームが毎年リリースされている。しかし、素晴らしく、示唆に富むゲームはほとんどなく、ごく稀だ。Incredipedeはそのようなゲームの1つだ。Braid、Super Meat Boy、World of Gooのような貴重なインディーゲームと同様に、Incredipedeはエンターテインメントと芸術との中間に位置する。ソーシャルゲームやウェブサイトの魂のない商売本位とは対照的にIncredipedeは、本物の風変わりな面白味がある。」

6. Kinect for Windows

‘Microsoft’s motion-capture and control system for Windows computers consists of both hardware and software. It’s intended for developers at the moment, but it provides a clue to where computing is headed. Along with soon-to-be released peripherals like the Leap Motion sensor, Kinect for Windows is helping to define device interaction beyond the mouse-dominated desktop.’

「ハードウェアとソフトウェアからなる、Windowsコンピュータ向けのMicrosoftのモーション・キャプチャとコントロールシステム。現在のところ開発者向けを意図しているが、コンピューティングがどこに向かうかを示している。Leap Motionセンサーなどまもなくリリースされる周辺機器とともに、Windows向けKienctはマウスが主流であるデスクトップを超えたデバイス操作を定義することができる。」

7. Google Maps for iOS

これは改めて語るほどのこともあるまい。

8. Firefox OS

‘Mozilla is planning to join the fray with a smartphone operating system of its own, Firefox OS. Through it won’t have much of an impact in terms of U.S. sales in 2013 — the target market is low-end phones outside the U.S. — Firefox OS is hugely important to the smartphone market as a hedge against proprietary temptations.’

「Mozillaは、独自のFirefox OSでスマートフォン・オペレーティングシステムの競争に参戦する予定だ。2013年の米国での販売には大きな影響を与えることはないが、ターゲット市場は、米国外のローエンド・スマートフォンだ。Firefoxは、独占に対するヘッジとして、スマートフォン市場にとって非常に重要だ。」

— はたして『代替』になるだけの力を得られるかどうか。

9. AdBlock Plus for Android

‘The availability of ad-blocking software for Android ensures that ad-supported business models are not the only option for mobile devices. It ensures that some mobile services will need to attract paying clients rather than relying on ads and data obtained without real user content.’

「Android向け広告ブロックソフトウェアがあるがゆえ、広告に支えられたビジネスモデルのみがモバイル機器向けのオプションではないようになる。モバイルサービスによっては、広告や実際のユーザコンテンツと無関係に得られたデータに依存せずに、有料顧客に魅力を提供するようになる。」

10. Brackets

‘Brackets is an open source code editor for the Web. It matters because it shows that Adobe can still produce relevant, innovative software — the commercial version of Brackets is known as Adobe Edge Code — and because the Web as a platform needs better tools.’

「Bracketsはウェブ向けのオープンソースのコードエディタ。Adobeが関連があり、革新的なソフトウェア(Bracketsの商用版はAdobe Edge Codeとして知られている)を作れることを示している点で重要で、また、プラットフォームとしてのウェブにはもっと良いツールが必要である点からも重要だ。

11. Silent Circle

‘The ability to communicate securely is a matter of personal security, privacy and business necessity. Silent Circle provides technology to make secure communication possible, in the form of an iOS app. The security business runs on snake oil much of the time, but Silent Circle appears to be different.’

「セキュアにコミュニケーションできることは、個人のセキュリティ・プライバシー問題であり、ビジネス上必要なことでもある。Silent Circleは、セキュアなコミュニケーションを可能にする技術で、iOSアプリの形をとっている。セキュリティビジネスは、大抵の場合インチキだが、Silent Cicleは違うようだ。」