インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ウェブサイトやモバイルをつなぐIFTTT、700万ドルの資金を調達

If This Then Thatの形で、ウェブサイト等に更新があった時に自動的に別なサイトを更新する仕掛けを定義、実行でき、当サイトでも活用させていただいているサービスがIFTTT。そのIFTTTが今回700万ドルの資金を調達したとのこと。AllThingsDの記事から。

‘The San Francisco-based company provides connective tissue between services like Dropbox and Instagram, Twitter and Google Drive, and LinkedIn and Salesforce Chatter — and all sorts of similar combinations. Users can write rules to automatically archive their content, to receive notifications when something in particular happens or to aggregate and syndicate their own posts.’

「サンフランシスコを拠点とした同社は、DropboxとInstagram、TwitterとGooge Drive、LinkedInとSalesfore Chatter、その他似たような組み合わせのサービス間をつなぐ仕組みを提供している。ユーザは、特定の事象が発生した際のコンテンツ自動アーカイブや通知を行なう、あるいは、ポストを集め、集合体にするルールを書くことができる。」

Image courtesy of smarnad at FreeDigitalPhotos.net

‘IFTTT CEO Linden Tibbets said users have created more than 2.5 million “recipes” already, and his company is working on new projects around a self-serve platform for apps to add themselves, a consumer-friendly mobile app and ways to retroactively apply IFTTT to data from the past.’

「IFTTT社CEO、Linden Tibbets氏によれば、ユーザは250万種類の『レシピ』をすでに作成しており、同社はアプリ向けのセルフサービス関連の新しいプロジェクトが進行中で、そのアプリは消費者に優しいモバイルアプリや過去のデータにさかのぼってIFTTTを適用する手段を追加するもの。」

‘Andreessen Horowitz partner John O’Farrell, who is joining the IFTTT board, talked a bit about how the company fits into the social media platform wars, where services like Instagram cut competitors like Twitter out and platform makers’ changing policies often befuddle developers.’

「IFTTTの取締役に参加する、Andressen Horowitzパートナー、John O’Farrel氏は、IFTTT社がいかにソーシャルメディアプラットフォームの戦い、すなわちInstagramのようなサービスがTwitterのような競合を締め出し、プラットフォームメーカのポリシー変更が何度も開発者を困惑させている世界にフィットするかを語っている。」