インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

EnterpriseDB社、Postgres Plus xDB Replication Serverをリリース

エンタープライズクラスのPostgres製品、Oracleデータベース互換ソリューション、PostgreSQLのアドオンを提供するEnterpiseDB社が、Postgres Plus xDB Replication Serverの最新版5.0をリリースした。複数マスターのリプリケーション(Multi-Master Replication:MMR)の機能を持つ。

‘The new MMR capability eliminates a single point of failure, improving High Availability. It also enables database administrators (DBAs) to provide consistent and expanded access to near real-time data across geographically distributed systems. These benefits also help control costs compared to traditional database solutions.’

「新しいMMR機能は単一障害点(single point of failure:SPOF)をなくし、可用性を向上させる。またデータベース管理者(DBA)は、地理的に分散したシステムに対し、ほぼリアルタイムなデータに対し一貫性を持ち拡張性があるアクセスが可能となる。これにより従来型データベースソリューションに比較してコストを制御しやすくなる。」

EnterpriseDB

‘Multi-Master Replication presents significant benefits for geographically distributed organizations. DBAs can designate a master for each locality for better write and read performance. Also, multiple masters throughout an organization — whether local or geographically dispersed — eliminates a single point of failure for e-commerce and other round the clock operations. If one master goes down, traffic can be routed to one of the other masters. This improves High Availability of their systems.’

「複数マスターのリプリケーションは地理的に分散した組織にとって大きなメリットがある。DBAは書き込み・読み込み性能を良くするために各拠点にマスターを置くことができる。またローカルか、地理的に分散しているかにかかわらず、組織全体で複数のマスターがあることにより、Eコマースや24時間運用において単一障害点なくすことができる。1つのマスターがダウンしても、他のマスターのいずれかに迂回させることができる。これによりシステムの可用性を向上させることができる。」

‘Also, for geographically dispersed systems that rely on one or more batch updates daily to bring everyone up to date from a central master, a continuously synchronizing multi-master system allows everyone to see all the data in near real time eliminating stale views of critical data.’

「また、全てを更新するために、セントラルマスターから毎日1回以上のバッチによる更新に頼っているような地理的に分散したシステムでは、継続的な同期を行なう複数マスターシステムにより、参照する重要なデータが古くなることなく、ほぼリアルタイムで全員が全てのデータを参照することができる。」

‘Finally, with replication, DBAs can expand user access to the data and continue to utilize existing tools while also using commodity hardware.’

「最後に、リプリケーションにより、DBAは、コモディティ・ハードウェアを使用しながら、ユーザのデータアクセスを拡張し、既存ツールを継続使用できる。」