インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

LiquidPlanner社、優先度ベースのプロジェクト管理ツールの新バージョンをリリース

優先度ベースのスケジューリングを搭載し、柔軟性に富むプロジェクト管理ツールとして以前紹介したLiquidPlannerの第4世代版LiquidPlanner 4がリリースされた。

‘The new version has more than 50 design changes that improve the overall user experience and reduce the time it takes to manage projects. Highlighted features of the latest release include a complete redesign of the individual and project portfolio views, a dedicated inbox, and dynamic status reports for people and projects. These enhancements, combined with LiquidPlanner’s leading priority-based scheduling engine, simplify management of complex projects so teams can get more done using their existing resources.’

「新バージョンには、全体の使い勝手を向上しとプロジェクト管理に要する時間を削減する50以上のデザイン変更がなされている個別およびプロジェクトのポートフォリオビューの再設計、専用の受信箱、メンバーとプロジェクトのダイナミックなステータスレポートなどが最新版の主要な機能。これらの強化とLiquidPlannerの先進の優先度ベースのスケジューリングエンジンにより、複雑なプロジェクトの管理が簡単になり、チームは既存の理ソースでより多くの仕事をこなすことができる。」

LiquidPlanner

LiquidPlanner4の主要機能:

  • A full redesign of the project portfolio view – All menus, views, navigation, filters, and options were streamlined and simplified to minimize context switching. The editing experience was overhauled to reduce clicks and screen load time and to make better use of screen real estate. A new integrated Inbox was also added to facilitate the processing of new tasks and issues that impact the project team.
  • A brand new ‘My Work’ section – Redesigned from the ‘My Tasks’ page, the new section allows users to view all their individual tasks and priorities, make updates, and comment and share documents in a single view, eliminating the need to navigate through different sections of the application.
  • A new ‘Status Report’ section – Dynamic reports — showing both the bird’s eye view of project projections as well as the individual tasks and workload — make oversight of projects easier than ever before.

 

  • プロジェクトポートフォリオビューを完全に再設計 – 全てのメニュー、ビュー、ナビゲーション、フィルタ、オプションについて、コンテキストスイッチングが最少化されシンプルになった。編集の操作はオーバーホールされ、クリック数やスクリーンのロード時間を削減し、スクリーン全体を有効活用するよう変更された。新しい統合された受信箱が追加され、プロジェクトチームに影響があるタスクや課題の処理が容易になった。
  • 新しい「マイワーク」セクション- 「マイタスク」ページを再設計し、新しいセクションでは、ユーザが個別のタスクと優先度の参照、更新、コメント、ドキュメントの共有が単一のビューから行なえるようになり、アプリケーションのあちこちのセクションに移動する必要がなくなった。
  • 新しい「ステータスレポート」セクション- ダイナミックレポート– プロジェクトの予測の鳥瞰と、個別タスクと負荷を同時に表示するようになり、かつてよりプロジェクト監視が容易になった。