インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Google Appsはもはや無料でなくなった

2006年に始まったGoogle Appsは当初形態や規模に関わらず無料であった。2007年に年間1ユーザ$50と有料化した時ですら、無料の範囲は残っていた。ところが先週木曜日より、Google Appsは無料でなくなった。無料の期間は終わってしまったのだ。ただし...

InformationWeekの記事から。

‘Companies currently using the free version of Google Apps can continue to do so under the same terms.’

「現在無料版のGoogle Appsを使っている企業は同じ条件で使い続けることができる。」

Trapped by tanahelene, on Flickr

“When we launched the premium business version we kept our free, basic version as well,” explained Clay Bavor, director of product management for Google Apps, in a blog post. “Both businesses and individuals signed up for this version, but time has shown that in practice, the experience isn’t quite right for either group.”

「『プレミアムのビジネス版をリリースした際、無料のベーシック版も維持することにした』とGoogle Appsのプロダクトマネージメント・ディレクターClay Bavor氏がブログの投稿で説明している。『ビジネスも個人もこのバージョンにサインアップしていたが、実際上使い勝手はいずれのグループにもフィットしていないことがわかった。」

‘Bavor says businesses quickly run up against the limitations of the free version and usually want premium features like 24/7 customer support.’

「Bavor氏は、企業では、無料版の制限にすぐに引っかかり、通常、24時間のカスタマーサポートのようなプレミアム機能を求めている。」

‘Individuals will be able to continue using Google’s Web apps, like Drive, Gmail and Docs at no cost through their Google Accounts. Businesses will be expected to pay for Google Apps for Business.’

「個人は、ドライブ、Gmail、DocなどGoogleのウェブアプリをGoogle Accountを通して無料で使い続けることができる。ビジネス用途では、Google Apps for Businessに加入するものと想定している。」

‘Google will continue to offer Google Apps for Education to schools at no charge, while Google Apps for Government will continue to be available at the same price as Google’s business-oriented offering, $50 per user per year.’

「Googleは、Google Apps for Educationの学校向け無料提供を続けるが、Google Apps for Governmentは、Googleのビジネス向け価格と同じく、年間1ユーザあたり$50で提供しつづける。」