インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

PerspecSys社、2012年度クラウドコンピューティングのエクセレンス賞を受賞

米バージニア州マクリーンを拠点とし、企業向けクラウドセキュリティ・ソリューションを提供するPerspecSys社が、Cloud Computing Magazine等を発行するTMC社より、2012年度クラウドコンピューティングのエクセレンス賞を受賞した。

‘PerspecSys was chosen as a winner because its Cloud Data Protection Gateway eliminates two of the biggest barriers that prevent companies from embracing cloud computing: data security and data control. The PerspecSys Gateway uses a unique, patent-pending approach that features strong encryption and tokenization technologies to help enterprise and public-sector organizations secure sensitive data – keeping it on-site and within their complete control when using popular cloud applications (e.g. Oracle CRM On Demand, Salesforce.com). The Gateway not only improves an organization’s overall mission-critical cloud security, but also helps meet strict legal and industry data privacy, residency and regulatory compliance requirements – making the move to the cloud a reality for business that once thought it impossible.’

「PerspecSys社が受賞したのは、同社のCloud Data Protection Gatewayにより、企業はクラウドコンピューティングへの取り組みに躊躇する2つの最大の障害、データセキュリティとデータコントロールを解決することができるからだ。PerspecSys Gatewayは、強力な暗号化とトークン化技術を使うという特許出願中の独自手法を使うことにより、企業や公的機関は機密情報をセキュアに保持できる。すなわちデータをサイト上の保持し、完全にコントロール下におきながら、Oracel CRM On Demand、Salesforce.comなどポピュラーなクラウドアプリケーションを利用できる。Gatewayは企業全体のミッションクリティカルなクラウドセキュリティを高めるのみならず、法的および業界のデータ・プライバシー、規制準拠要件に厳格に合致できるようになる。これにより、一時不可能と思われたクラウドへの移行が、現実のものとなる。」

PerspecSys

‘The PerspecSys Gateway works by intercepting sensitive data while it is still on-premise, replacing the data with a random tokenized or encrypted value, rendering it meaningless should anyone outside of the company access the data while it is being processed or stored in the cloud. In addition, the PerspecSys solution offers the differentiated ability to preserve cloud application functionality – even when the data is tokenized or strongly encrypted – using encryption such as National Institute of Standards and Technology (NIST) listed FIPS 140-2 compliant modules. With PerspecSys, end users have access to features and functions such as ability to search and sort data, send e-mails, and generate reports – even on sensitive data that has been tokenized or encrypted.’

「PerspecSys Gatewayは、機密情報が社内にあるうちに、インターセプトし、データをランダムにトークン化あるいは、暗号化した値と入れ替えることにより、、クラウドで処理中あるいは保存中に社外の人間がデータにアクセスしても意味のないものにレンダリングする。さらに、PerspecSysyのソリューションはクラウドアプリケーションの機能を損なわないという卓越した機能を持つ。データがトークン化あるいはNISTがリストアップしているFIPS 140-2準拠モジュールなどの強度に暗号化されていてもだ。PerspecSysなら、エンドユーザは、たとえ機密データがトークン化あるいは暗号化されていても、データの検索やソート、Eメール送信、レポート生成などの機能も利用できる。」

— ふむ。かなり面白い。