インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

BitYota社、サービスとしてのデータウェアハウスをリリース

カルフォルニア州マウンテンビューを拠点とし2011年終わりに設立されたスタートアップ企業BitYota社がステルスモードを脱し、サービスとしてのデータウェアハウス(Data Warehouse As A Service)をリリースした。まずAmazon Web Services上で提供されるが、今後拡張される予定。

‘Built from the ground up, BitYota unites the feature-rich functionality of a full-scale data warehouse with the flexibility and cost-effectiveness of Amazon’s cloud infrastructure empowering any company to unleash the value of their data to gain insights and make better business decisions.’

「ゼロから作り上げられたBitYotaは、フルスケールのデータウェアハウスの豊富な機能群と、Amazonクラウドインフラの柔軟性とコストパフォーマンスを統合し、インサイトを得、よりよりビジネス決定を下せるようデータの価値を際だ現に高めることができるもの。」

‘BitYota offers a fundamentally improved approach for those looking to harness the power of Big Data analytics. Key features include:’

「BitYotaは、ビッグデータ分析のパワーをコントロールを根本的に向上させる手法を提供する。主たる機能は以下の通り。」

  • Affordable SaaS: Customers no longer have headaches about hardware provisioning, maintaining homogeneous configurations; software versions, upgrades and installations; database administrators to manage and maintain the throughput of workloads; advance planning for growth and burst needs; and concurrent users.
  • One-Click Data Integration: Customers can load data from varied data sources such as S3, NoSQL stores and RDBMS, allowing them to easily and quickly combine all their data including event logs, user profiles, transactions, etc., in a single place in the Cloud. BitYota auto-detects varying data formats and schemas; understands the rate of arrival/change of new data and seamlessly loads it on a pre-determined schedule.
  • Fast Analytics at Scale using Familiar Tools: BitYota’s patent-pending massively parallel analytics engine enables analysis over the “fresh,” full-detail data. It works within the existing ecosystem of programming languages and BI tools; supports SQL92 natively and also integrates via an industry-standard ODBC API with popular Business Intelligence tools and dashboards to visualize results. Access is via industry standard languages and tools to analyze data without needing an intermediary or new language skills.

BitYota

  • 手の届く範囲のSaaS:顧客はもはや、ハードウェアプロビジョニング、均質は構成の維持(ソフトウェアのバージョン、アップグレード、インストール、負荷のスループットを管理するデータベース管理、将来の増加や急激なニーズ増加に対応する事前プランニング、同時ユーザなど)に頭を悩ます必要はない。
  • ワンクリックのデータ統合:顧客はS3、NoSQLストア、RDMSなど様々なデータソースからデータをロードし、簡単かつ迅速に、イベントログ、ユーザプロファイル、トランザクション、などを含むあらゆるデータをクラウド内の1箇所に組み合わせることができる。BitYotaは自動的にデータ形式とスキーマを検出 する(新規データの到着・変更率を理解し、予め決められたスケジュールで透過的にデータをロードする。
  • 馴染みのツールを使って高速分析:BitYotaの特許出願中の超並列分析エンジンにより『フレッシュ』でフルに詳細なデータを使った分析が可能。同エンジンは現存のプログラミング言語とBIツールのエコシステム内で動作する。すなわちSQL92をネイティブにサポートし、業界標準のODBC APIで人気のビジネスインテリジェンスツールとダッシュボードを統合し、結果を可視化できる。業界標準の言語とツールでアクセスし、データを分析できるため、中継的なものや新しい言語スキルが不要。