インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Unisys、モバイル化を容易にするUnisys Agile Business Suite Release 3.0を発表

既存のアプリケーションをウェブ化し、PCのみならず、スマートフォンなどのモバイルからアクセスできるようにするのは大変なタスクだ。しかし、IT業界では老舗のUnisysがそんな問題に対するソリューションを提供している。Unisys Agile Business (AB) Suiteだ。

‘Unisys AB Suite Release 3.0 provides a model-driven approach to application development. Using a high-level scripting language and industry-standard tools, application developers can generate complete applications from a set of business specifications. They need not write code line-by-line or separately define databases, transaction managers and other crucial resources.’

「Unisys AB Suite Release 3.0は、アプリケーション開発にモデル駆動型のアプローチを提供するもの。ハイレベルのスクリプト言語と業界標準のツールを使用し、アプリケーション開発者が業務仕様群から完全なアプリケーションを生成することができる。一行一行コードを書く、あるいは、データベース、トランザクション・マネージャ、損他のクリティカルなリソースを定義する必要はない。」

‘AB Suite Release 3.0 also provides programmers with the capability to modernize mission-critical applications, without changing the core system, so end users can easily access them from mobile devices.’

「ABS Suite Release 3.0はまた、コアシステムを変更することなく、ミッションクリティカルなアプリケーションを現代風にする機能をもつため、ユーザはモバイル機器から簡単にアクセスできるようになる。」

Unisys Agile Business Suite

‘Unisys AB Suite Release 3.0 is available for the Unisys ClearPath MCP and Microsoft Windows operating environments. It employs the widely used Microsoft Visual Studio and Team Foundation Server for application development and lifecycle management, respectively. Those tools provide a familiar environment that enables software engineers to quickly achieve and maintain a high level of productivity. Team Foundation Server helps streamline operations and reduce project-management costs by giving all team members access to common project-related information.’

「Unisys AB Suite Release 3.0は、Unisys ClearPath MCPおよびMicrosoft Windows OS上で利用可能。アプリケーション開発、ライフサイクル管理にそれぞれ、幅広く利用されているMicrosoft Visual Studio、Team Foundation Serverを採用している。こららのツールは、馴染みある環境であるため、ソフトウェアエンジニアはハイレベルの生産性を素早く達成し、維持することができる。Team Foundation Serverでは、全チームメンバーが共通のプロジェクト関連情報にアクセスできるようになるため、オペレーションを簡素化し、プロジェクト管理コストを削減することができる。」

‘AB Suite Release 3.0 for MCP is integrated with the Unisys ClearPath ePortal for MCP specialty engine. This special-purpose processor provides Web services that enable mobile devices to be integrated into the ClearPath environment. Developers can use Microsoft Visual Studio to quickly web-enable enterprise applications without changing the applications themselves. They can replace outmoded text-based application interfaces with contemporary graphic looks, so mobile users can execute transactions easily on Apple iPhones and iPads, Android devices and BlackBerrys.’

「MCP向けAB Suite Release 3.0は、MCPスペシャルエンジン向けUnisys ClearPath ePortalに統合されている。この特定用途向けプロセッサにより、ClearPath環境にモバイル機器を統合したWEBサービスを提供する。開発者は、Microsoft Visual Studioを使用し、アプリケーション自体を変更することなく、エンタープライズアプリケーションをウェブ化することができる。時代遅れのテキストベースのアプリケーション・インタフェースを現代的なグラフィカルな見栄えに置き換えることができ、モバイルユーザはApple iPhone、iPad、Android端末、Blackberryなどで簡単にトランザクションを実行できる。」