インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

2012年のモバイル開発動向を振り返る

新しいスマートフォンやタブレットの登場、OSのアップデート、HTML-5ベースの開発ツール、サービスとしてのアプリ開発など、2012年にモバイル開発をめぐって様々な動きが2012年にあった。そのまとめをSD Timesが行っているので、それを参考に振り返ってみよう。

‘In June, the new version of Google’s Android OS, Android 4.1 Jelly Bean, was introduced at Google I/O. And 2012 saw a proliferation of Android-based phones and tablets in general. In October, the Android-based Samsung Galaxy S3 outsold the iPhone 5, becoming the most popular smartphone for the first time ever.’

「6月、GoogleのAidroid OSの新バージョン、Android4.1 Jelly BeanがGoogle I/Oで紹介された。2012年はAndroidベースのスマートフォンやタブレットの拡散が見られた。10月にはAndroidベースのSamsung Galaxy S3がiPhone5より数多く売れ、初めて最も人気のあるスマートフォンになった。」

Platform by Geir Halvorsen, on Flickr

‘In October, Microsoft released Windows 8. We also saw the release of Windows Phone 8, intended to capture some of the enterprise market.’

「10月、マイクロソフトWindows 8のリリース。企業向け市場に食い込むことを意図したWindows Phone8もリリースされた。」

‘In June, RIM began its worldwide BlackBerry 10 Jam World Tour to introduce new SDKs for developers interested in developing for the upcoming BlackBerry 10 device.’

「6月、RIM(Research In Motion)が今後のBlackBerry 10デバイスの開発に興味がある開発者に新しいSDKを紹介する、BlackBerry 10 Jam World Tourを世界的に開始した。」

‘In 2012, we saw development platforms introduced to help developers create apps for multiple mobile platforms. In May, Anywhere Software and Xamarin introduced Android development tools to allow Visual Studio designers unfamiliar with Java to learn how to create and deploy apps for Android. In September, DevExpress introduced a new tool that lets Visual Studio developers build apps for Android, iPad, iPhone and Windows 8. In October, Icenium, a browser-based integrated cloud environment from Telerik, was introduced to address this growing trend of developers building cross-platform mobile apps using CSS, HTML5 and JavaScript. Other cross-platform mobile development frameworks came from Appcelerator, Infragistics, PhoneGap, RhoMobile and Sencha.’

「2012年に、複数のモバイルプラットフォームに対応したアプリを開発できる開発プラットフォームがリリースされた。5月、Anywhere SoftwareおよびXamarinは、Javaになじみのない、Visual StudioデザイナーがAndroid向けアプリを作成しデプロイする方法を学べるAndroid開発ツールをリリースした。9月、DevExpressは、Visual Studio開発者がAndroid、iPad、iPhone、Windows 8向けアプリを開発できる新しいツールをリリースした。10月、Telerikから、CSS、HTML5、Javascriptを使ったクロスプラットフォームのモバイルアプリを構築する開発者のトレンドに応えるため、ブラウザベースの統合クラウド環境Iceniumリリースされた。クロスプラットフォームモバイル開発フレームワークは他に、Appcelerator、Infragistrics、PhoneGap、RhoMobile、Senchaなどだ。」

‘In September, Facebook CEO Mark Zuckerberg said Facebook’s biggest mistake was using HTML5 for mobile development. This reignited a still-ongoing debate as to whether or not developers should go native or use HTML5 when building mobile apps. ‘

「9月、FacebookのCEO、Mark Zuckerbergは、Facebookの最大の誤りはモバイル開発にHTML5を使ったことだと明かした。これにより、モバイルアプリを開発する際、開発者はネイティブに行くべきか、HTML5を使うべきかの議論が再燃した。」

In 2012, vendors stressed the importance of creating great UIs and user experiences in mobile development. DevExpress, Infragistics and Telerik were among the vendors who introduced new UI and UX mobile-development tools.

「2012年、ベンダーはモバイル開発において、優れたUIとユーザ・エクスペリエンスを構築するこtの重要性を説いた。DevExpress、Infragistrics、Telerikは新しいUIとUXモバイル開発ツールをリリースしたベンダーの一部だ。」

‘In June, at IBM’s Innovate 2012, the cloud playing an increasingly larger role in mobile was discussed at length. Mobile Backend-as-a-Service emerged in 2012, which is a cloud-based set of services that provide developers with customizable back ends for mobile app platforms so that developers can focus their time and energy on the apps themselves. Scalability and automatic RESTful API generation are two of the most important features mobile app developers can expect from mobile Backend-as-a-Service.’

「6月、IBMのInnovate 2012において、、モバイルにおいて、クラウドの役割がますます大きくなってきていることを長々と議論した。開発者にカスタマイズ可能なモバイルアプリプラットフォームをバックエンドとして提供し、開発者はアプリ自体に時間とエネルギーを集中できるようにするクラウドベースのサービス群、『サービスとしてのモバイルのバックエンド』が2012年に出現した。」

— クロスプラットフォームのモバイル開発としてHTML5が解だとの見方が多かったように思うが、やはりネイティブアプリの方が使い勝手の面で有利であることがわかり、議論は尽きない。