インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

オバマ再選を支えたクラウドコンピューティング

米大統領選はオバマが再選されたわけだが、ビッグデータ、ソーシャルメディア、Eメール配信など、そのキャンペーンの多くはクラウドに支えられたものだったらしい。特にAmazon Web Servicesをベースに、200以上のアプリが稼動していたとのこと。その主要6分野をInformationWeekがまとめている

1. データベース

‘Data was a huge force for the Obama re-election effort. According to Scott VanDenPlas, head of the effort’s DevOps group, the team used 180 terabytes of data. The primary voter file database ran on Amazon Relational Database Service (RDS), which is Amazon’s MySQL-based relational database, and pulled in information on voters from numerous sources. Obama for America also used Amazon DynamoDB key-value store; Amazon Simple Storage Service to store images of databases; and Google’s open source LevelDB key-value store, which has its roots in Google’s internal BigTable databse system.’

「データはオバマ再選に向けての大きな力であった。オバマ陣営のDevOpsグループのヘッドScott VanDenPlas氏によると、チームは180テラバイトのデータを使ったとのこと。主たる投票者ファイルデータベースはAmazon Relational Database Services(RDS)、すなわちアマゾンのMySQLベースのリレーショナルデータベースで、様々なソースからとうひょうしゃの情報を集めたもの。オバマ陣営はまた、Amazon DynamoDBキーバリュー・ストア、データベースのイメージの保存にAmazon Simple Storage Services、Google社内のビッグテーブル・データベースシステムをルーツに持つオープンソースのLevelDBキーバリューストアを使用した。」

149/365/1610 (November 7, 2012) - Presidential Election Headlines (November 7, 2012) - Obama by cseeman, on Flickr

2. データベースと分析

‘Although the databases were important for storing information on voters, donors, and volunteers, analytics put the data into action. Obama for America ran an analytics system on EC2 Compute Cluster Eight Extra Large instances, which Amazon targets for high-performance computing jobs. The campaign also did big-data modeling on Amazon with Amazon’s Elastic MapReduce service and tools from HP Vertica.’

「データベースは、投票者、ドナー、ボランティアの情報を保持するために重要ではあるが、分析がデータを行動に変えるのである。オバマ陣営は、EC2のExtra Largeインスタンス(アマゾンでハイパフォーマンスのコンピューティングジョブ向けのもの)8本で分析システムを動作させていた。オバマキャンペーンではまた、AmazonのElastic MapReduceサービスとHP Verticaのツールでビッグデータモデリングを行った。」

3. データ・マイグレーション

‘In order to connect various campaign apps with various data streams, Obama for America built a tool called Narwhal. Narwhal made heavy use of Amazon’s Simple Queue Service distributed queue messaging service by integrating data from polls, third-party vendors such as Blue State Digital and NGP VAN, and other sources, and queueing the data up for processing.’

「様々なキャンペーンアプリを各種のデータストリームとつなげるために、オバマ陣営は、Narwhalと呼ぶツールを構築した。Narwhalは、分散キューメッセージングサービスであるAmazon Simple Queue Servicesを多用しているもので、Blue State DigitalやNGP VANなどのサードパーティベンダーやその他のソースなどの世論調査からのデータを統合し、データ処理のキューに入れるもの。」

4. メディア管理

‘Amazon powered the tools that Obama for America built for what Barr termed “multi-channel media management.” For instance, The Optimizer tool helped the campaign determine the most efficient television advertising strategies. Twitter and Facebook Blasters targeted individual voters on social media.’

「オバマ陣営が構築し、アマゾンのパワーを活用したツールをAWSのエバンジャリストJeff Barr氏は『マルチチャネル・メディアマネージメントと名づけた。例えば最適化ツールは、キャンペーンで最も効率的なテレビ広告戦略を決定するために役立てるもの。Twitter、Facebook Blastersはソーシャルメディアで個別投票者に狙いを絞ったもの。」

5. 投票者とボランティアをコーディネーション

‘The cloud powered Obama for America’s social coordination and collaboration efforts as well. For example, the re-election campaign used Amazon Auto-Scaling to quickly add cloud resources in order to enable as many as 7,000 volunteers make more than two million calls to voters in four days at the campaign’s end.’

「クラウドはオバマ陣営のソーシャル・コーディネーションおよびコラボレーションにも活用された。例えば、再選キャンペーンでは、アマゾンのAuto-scalingを使用し、キャンペーン終盤では、7000人のボランティアが四日間で200万件以上投票者に電話コールできるよう迅速にクラウドリソースを追加した。」

6. バックアップ

‘Finally, once the election was over, Obama for America backed up its information to Amazon’s Simple Storage Service.’

「最後に、選挙終了後、オバマ陣営は情報をSimple Storage Serviceにバックアップした。」