インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

テスト管理ツールKlaros-Testmanagementの新バージョン登場

ドイツのカイザースラウテルンを拠点として1997年に設立された会社で、ソフトウェア開発サービスの他ソフトウェアテスト管理ツールを提供しているverit Informationssystem社が、同社のテスト管理ツールKlaros-Testmanagementをバージョンアップした。バージョン番号は3.7.1。

Klaros-Testmanagement version 3.7.1 released

This release includes a major speedup for servers with large data sets, in particular for large numbers of projects, or projects with large numbers of test cases or jobs. Java 7 is also officially supported as of this release.

「今回のリリースには大規模データセット時のサーバー側の高速化、特にプロジェクト数が多数ある場合、あるいは、テストケースやテストジョブが多数存在するプロジェクトに対する高速化が主となっている。また今回のリリースでJava 7が正式にサポートされた。」

Klaros-Testmanagement

  • The XML Backup and Recovery function now includes more elements, like users who have contributed to the exported projects.(エクスポートされたプロジェクトに貢献したユーザなど、より多くの要素がXMLバックアップ、リカバリー機能に盛り込まれた)
  • Test Cases may now be imported through an XML Import interface(see the manual for details).(XMLインポート・インタフェースによりテストケースをインポートできるようになった(詳細はマニュアル参照)
  • The Print View function has been extended to more Klaros-Testmanagement artifacts.(プリントビュー機能が拡張され、さらに多くのKlaros-Testmanagementアイテムに対応した)
  • Test Results may now be imported from the TestComplete result file format.(テスト結果をTestComplete結果ファイル形式でインポートできるようになった)
  • Jobs now show their overall Success Rate – the percentage of linked test runs which were completed with the result “Passed”.(ジョブで全体の成功率〔リンクされたテスト実行のうち、結果が『成功』となった割合〕を表示できるようになった。)
  • Test Results may be edited after test execution is complete. Test Results whose result field is changed will be marked as altered.(テスト実行完了後、テスト結果を修正できるようになった。テスト結果のうち、変更された結果フィールドにはAltered〔修正〕の印がつく)
  • Custom Fields in Bugzilla, Mantis, Redmine and Trac are now supported.(Bugzilla、Mantis、Redmine、Tracのカスタムフィールドに対応)
  • Test Runs and Test Results are visible from the details page of their related objects.(関連するオブジェクトの詳細ページでテスト実行やテスト結果を参照可能となった)