インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

CloudNowの予測、2013年のクラウドはこうなる!

CloudNowは、クラウドコンピューティング業界の女性リーダーの非営利世界的コンソーシアムで、Cloud Network of Womanの略。Jocelyn DeGance Graham女史により設立されたもので、世界中のプロの女性開発者向けに、ネットワーキング、知識共有、メンター、経済成長などに関するフォーラムを開催することで、技術の活用に焦点をあてたもの。そのCloudNowが2013年のクラウドを予想した。

Forbesの記事から。

‘According to report’s authors “a core focus of cloud in 2013 will be around such topics as big data and integration of cloud computing infrastructure and applications to realize federation of clouds.”’

「報告書によれば、『2013年のクラウドの主たるフォーカスは、クラウド連合を実現するためのビッグデータ、クラウドコンピューティングのインフラやアプリの統合といった話題に関連したものとなる』としている。」

‘The authors believe that this is in response to cloud provider failures in 2012 and driven by a desire for the ‘best cloud deal’ possible. They note “federated cloud models will start to become core to organizational cloud strategy. To put that model into practice requires standardization, and luckily there is no dearth of efforts on that front.”’

「著者らは、これは2012年のクラウドプロバイダーでの障害に対応するもので、可能な限り『最良のクラウド契約』を求める動きに応えるものだという。『連合クラウドモデルは企業のクラウド戦略のコアになるであろう。このモデルを現実のものにするには、標準化が必要であり、幸運にもこれに関しては努力が底をつくということはない』としている。」

The Cloud Network of Women

2013年の予測。

Cloud will continue to accelerate despite ongoing concerns.(懸念事項に関わらずクラウドは加速化する)

‘The advantages that cloud computing offers in terms of agility and cost-effectiveness will outweigh reservations that people continue to voice about cloud service providers. A significant factor in this adoption will be the fact that developers, application groups, and end user business units will find that central IT is not responding quickly enough to this changed environment and continues with time-consuming manual processes and lengthy timelines for internal private clouds. Faced with this friction, developers will increase their adoption of public cloud computing, especially via Amazon Web Services.’

「アジリティとコストパフォーマンスの観点におけるクラウドコンピューティングの利点は、クラウドサービス・プロバイダに物を言えるようにしておきたいとすることを上回るであろう。この採用の重要な要素は開発者、アプリケーショングループ、エンドユーザのビジネス部門が、ITの中心部門が変化する環境に迅速に対応せず、社内のプライベートクラウドでは、時間を要するマニュアルプロセスがあり、時間がかかるということがわかるということによる。この軋轢により、開発者はパブリッククラウド、特にAmazon Web Servicesの採用を増やすであろう。」

IT Leaders gain control over Cloud.(ITのリーダーはクラウドをコントロールできるようになる)

‘The rampant consumerization of IT over the past year  not only with respect to mobile devices but of cloud services as well has left IT wringing its hands over the related loss of control. While IT budgets for the Chief Marketing Office and other non-IT departments have increased, IT’s own budget has remained the same or been reduced. In 2013, IT will regain some control; not necessarily with budgets, but with clearly defined centralized policy and governance. Driving this move will be the continued growth of big data and the further tightening of compliance mandates around cloud-based solutions. This will be a significant change from 2012, when research showed a large percentage of companies having no policies around employee or departmental use of cloud services.’

「ここ一年、モバイルデバイスのみならずクラウドサービスにおけるITの消費化が流行し、IT部門はコントロール不能に陥った。Chief Marketing Officeや他の非IT部門のIT予算が増えたものの、IT部門自体の予算は同じか削減された。2013年には、IT部門はコントロールをある程度取り戻すであろう。予算とは限らず、明確に定義されたセントラルなポリシーとガバナンスについてだ。この動きを支えるのが、ビッグデータの継続的成長と、クラウドベースのソリューションに関するコンプライアンスの強化だ。これは、社員や部門がクラウドサービスを利用することに関するポリシーがないとする会社が大半である2012年からの大きな変化だ。」

It’s all about Cloudonomics.(結局Cloudonomicsだ)

‘The economics of cloud, coined by cloud thought leader Joe Weinman as ‘cloudonomics’, moves from an accounting conversation focused on capex and opex to a CFO level strategy. Cloud will evolve from a one-to-one relationship between end-user and cloud provider to a one-to-many, flourishing ecosystem comprised of cloud insurers, such as CloudInsure, broker services, and other intermediaries enabling organizations to enjoy the financial and operational benefits of federated cloud formations.’

「クラウド業界のリーダJoe Weinman氏によって『cloudonomics』と名づけられたクラウドの経済学の議論は、資産コストか運用コストという会計上の変換から、CFOレベルの戦略へと移っていく。クラウドは、エンドユーザとクラウドプロバイダとの1対1の関係から、連合化したクラウドフォーメーションによる財務上および運用上の利点を得られるようにするCloudInsureなどのクラウド保険、ブローカーサービス、その他の仲介役で構成される盛大なエコシステムとの1対多の関係になっていく。」

‘Such financial benefits cannot be realized without actionable data that enables organizations to clearly compare and contrast costs. Doing so manually would eat into or fully negate any potential gains. Resulting in an emerging ecosystem of Insurers, brokers, and cloud marketplaces to provide that actionable data, and operating on the principle that cloud is a commodity. This is not meant in the typical IT vernacular, i.e. as a solution loses competitiveness and value, but in the true definition: Cloud will be understood as a commodity analogous to coal, and a unit for that commodity and a futures market will be defined and created. It is this philosophy that will enable broker services and insurers to provide the data organizations need to realize the financial gains promised them so early in the cloud hype cycle.’

「このような財務上の利点は、組織が明確にコストを比較し、違いが明らかにできるアクション可能なデータがなければ実現できない。ただマニュアルで行えば、潜在的に得られるプラスを食いつぶすことになりかねない。アクション可能なデータを提供するインシュアラー、ブローカー、クラウドマーケットプレイスのエコシステムになり、クラウドはコモディティだという原則のもとに運用する。クラウドがコモディティということは、たとえばソリューションが競争力や価値を失うといった、通常のITの言葉を意味するわけではない。真の定義は、クラウドが炊きタンのようにコモディティとして理解されるということで、コモディティの単位と将来の市場が定義され、構築されていくであろう。この哲学により、早くからクラウドで繰り返し誇張されてきた財務上の利点を実現するために組織が必要とするデータをブローカーサービスやインシュアラーが提供できるようになる。」