インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Samplify社、アプリケーションを高速化するAPAXソフトウェア開発キット、APAXプロファイラー分析ツールをリリース

シリコンバレーのスタートアップ企業、Samplify社が、新しいツールを発表した。

‘Samplify, the leading intellectual property company for accelerating memory, storage, and I/O bottlenecks in computing, consumer electronics and mobile devices, announced the availability of its APAX Software Development Kit (SDK) and Web-based Profiler analysis tool for high-performance computing (HPC), Big Science, Big Data, and cloud computing applications. HPC users and independent software developers can accelerate their applications, 3-8X, by linking the APAX SDK into their applications. The APAX Profiler analyzes the inherent accuracy in the user’s data set and makes a recommendation of encoding rates to maximize the acceleration of their algorithm with no effect on results.’

「コンピューティング、電子機器、モバイルデバイスにおけるメモリ、ストレージ、I/Oのボトルネックを軽減する知財会社のリーダ、Samplify社は、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、ビッグサイエンス、ビッグデータ、クラウドコンピューティングアプリケーション向けのAPAXソフトウェア開発キットおよびウェブベースのプロファイラ分析ツールを発表した。HPCユーザや独立ソフトウェア開発者はアプリケーションにAPAX SDKをリンクすることにより、アプリケーションを3倍から8倍加速することが出来る。APAXプロファイラは、ユーザのデータセット固有の正確性を分析し、苦もなく、アルゴリズムを最大限に加速化するための推奨エンコーディング率をはじき出す。」

Samplify

‘”Our APAX numerical encoding technology reduces the cost of every aspect of cloud computing by reducing data upload, storage and interprocessor communication bottlenecks by 75 percent,” said Allan Evans, Samplify CEO.  “By making APAX available as an SDK, we now make cloud computing resources more accessible to companies, scientists, and academic researchers, and expand the capability of existing data centers.”‘

「『APAX数値エンコーディング技術は、データアップロード、ストレージ、プロセッサ間通信のボトルネックを75%削減することによりクラウドコンピューティングのあらゆる面でコストを削減する』とSamplify社CEO、Allan Evans氏は語っている。『APAXをSDKとして提供することにより、クラウドコンピューティングのリソースを企業、科学者、学術研究者により身近にし、現存データセンターのキャパを拡大することができる。」

‘”Astute HPC users recognize that their data sets originated somewhere on a sensor,” said Al Wegener, CTO and founder of Samplify. “Without any means for analyzing inherent accuracy in the data they need to carry through their application, they ‘play it safe’ and carry all data through their algorithms in the floating point delivered to them.  This ‘overcasting problem’ creates the I/O, storage, and memory bottlenecks that have plagued HPC, Big Data, and cloud computing applications.  With the APAX Profiler tool, we have taken all of my knowledge and experience in analyzing data sets and put it onto the Web, providing HPC users and independent software developers with a recommendation of the encoding rate that maximizes the acceleration of their application with no effect on their results.”‘
「『抜け目ないHPCユーザは、データセットがどこかのセンサーからやってくることを知っている』とSamplify社のCTO、Al Wegener氏は語る。『アプリケーション全体で必要なデータ固有の正確性を分析する方法がなければ、安全をみて、アルゴリズム全体を通して全てのデータを浮動し小数点で取り扱う。このオーバーキャスティング問題は、HPC、ビッグデータ、クラウドコンピューティングアプリケーションでの悩みであるI/O、ストレージ、メモリのボトルネックを引き起こす。APAXプロファイラツールには、データセットを分析するための我々の知識と経験の全てを盛り込み、ウェブ上で利用できるようにしているため、HPCユーザや独立したソフトウェア開発者は努力せずとも、アプリケーションを最大限加速化するためのエンコーディング率の推奨地を得ることができる。」