インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

米国製Titanが世界スパコンランキングのトップの座に

日の丸スーパーコンピュータ「京」が、米国IBMの「sequoia」に抜かれたのは既報の通りだが、今年2回目のランキング発表があった。今回トップに立ったのは米国のTitan。「京」は三位に後退だ。

AllThingsDの「American-Made Titan Tops World Supercomputing List(アメリカ製Titanが世界スパコンリストのトップに)

‘This one is called Titan, and it is installed at the Oak Ridge National Laboratory in Tennessee. It was built by Cray, and is bolstered significantly with GPU chips from Nvidia. It is powerful enough to conduct 17.59 quadrillion calculations per second. Let me express that numerically: 17,590,000,000,000,000. Titan has 560,640 processors, of which 261,632 are Nvidia-made accelerators. The rest are Opteron chips made by Advanced Micro Devices.’

「これはTitanと呼ばれるもので、テネシー州にあるオークリッジ国立研究所に設置されているもの。Crayによって構築されたもので、NvidiaのGPUチップにより大きくパワーアップされている。17.59ペタフロップスの能力を持つ。数字的には 17,590,000,000,000,000だ。560,640個のプロセッサを搭載し、うち261632個がNvidia製のアクセラレータだ。他はAdvanced Micro Device(AMD)製のOpteronチップ。」

TOP500 Supercomputer Sites

‘The headline on this system and what makes it indicative of certain wider trends in computing is that most of the computing horsepower in Titan comes not from the traditional CPUs — in this case the AMD Opterons — but from the Nvida GPUs. Getting to the top of the supercomputing world was part of a plan that Oak Ridge announced about a year ago, and from the the start, Nvidia GPU chips were a key piece of the strategy.’

「このシステムの特徴であり、コンピューティングにおけるより広い傾向は、Titanのコンピュータ性能の大半が、通常のCPU、この場合AMDのOpteronsから来ているわけではなく、NvidiaのGPUからということだ。世界スパコンランキングのトップに立つというのはオークリッジ国立研究所が約1年前に発表した計画の一部であり、当初からNvidia GPUチップが戦略の主要部分になっていた。」

‘American computers now constitute five of the top 10 on the Top 500 list, as well as slightly more than half — 251, to be exact — of the entire list. Systems in Asia number 122, and systems in Europe number 105.’

「トップ10のうちの5台がアメリカのコンピュータであり、トップ500リストでも半分強、製各位は251を占めている。アジアのシステムが122台、ヨーロッパが105台。」