インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

アプリケーション自動リリースプラットフォームXebiaLabsの新バージョン登場

アジャイル開発が広まるにつれ、開発と運用を一体化する、いわゆるDevOpsもホットになってきている。その結果、アプリケーション自動リリースプラットフォームもホットになってきたようだ。

その1つ、ボストンを拠点とし、2008年に設立されたXebiaLabs社が新バージョンをリリースした。

SD Times記事から。

‘Deployit, Baart explained, is based on four pillars: best-practice extensibility, scalability, being agentless and cloud-ready, and reporting. The first stems from plug-ins that XebiaLabs has created for all main Java EE and .NET middleware, so the same practices can be used regardless of the technology choice. Scalability comes from model-based automated generation of workflows; no manual creation is necessary. ‘

「XebiaLabs社のCEO、Coert Baart氏いわく、同社の製品Deployitには、4つの柱がある。ベストプラクティスの拡張性、スケーラビリティ、エージェントレスとクラウド化可能、そしてレポーティング。第一のものは、XebiaLabs社が作成したプラグインで、全ての主要なJava EE、.NETミドルウェアに対応したもので、どの技術を選択しても、同じプラクティスを使用可能。スケーラビリティはモデルベースの自動ワークフロー生成で、マニュアルでの作成は不要だ。」

xebiaLabs

‘Among the new features, automated resource discovery enables users to find a target environment, so the application can be deployed to it, said Andrew Phillips, XebiaLabs’ vice president of products. This discovery capability also can be used to audit and analyze what you have, he said.’

「新しい機能の中で、自動リソース探索機能はターゲット環境を探せる機能で、アプリケーションをそこに実装できるようにするもの、とXebiaLabs社の製品担当副社長Andrew Phillips氏はいう。この探索機能はまた所有しているものを監査し、分析するのにも使用することができる、としている。」

‘The automated rollback feature is designed to give people confidence that they can return to a safe state if something goes horribly wrong. The tool “will build out a rollback sequence based on what you’ve done in the first place,” Phillips said. He admitted, though, the feature might not be used much in real-world scenarios, as developers tend to fix broken builds and move forward.’

「自動ロールバック機能は、何か酷いことが起これば安全な状態に戻れるようにしたもの。このツールは、『最初に行ったことに基づいたロールバックシーケンスを構築するもの』とPhillips氏はいう。しかし同氏は、開発者は壊れたビルドを直して先に進む傾向があるため、この機能は現実世界のシナリオではあまり使われないかもしれない、と認めている。」

‘Also new in the release, Phillips said, is the ability to handle states with triggers that activate when a task or step state changes. “We’ve created a simple way to say, ‘Whenever any step is reached, we can carry out an arbitrary set of actions, such as an e-mail alert.’ Or, you can say if the step fails, try it three more times before alerting,” he explained. It also can be used to implement any policy, such as how to handle errors.’

「Phillips氏いわく、今回のリリースでは、タスクやステップの状態が変化した時にアクティブとなるトリガーで状態をコントロールする機能が含まれている。『あるステップが達成されれば、Eメール・アラートなど任意のアクションセットを実行できる、またはステップに失敗すると、アラートする前に3回試行するなどのシンプルな方法を構築した、とのこと。エラーハンドリングなどあらゆるポリシーが実装することも可能。」

Finally, a new REST API supports continuous delivery, so tools such as Jenkins can be used alongside Deployit, which Phillips also said has undergone a refresh of its interface. “We want something in the hands of operations people supporting hundreds of apps in multiple languages and environments,” he said, “so we needed to create something easy, without 500 tabs and 500 settings that try to reflect the scale of problems.”

「最後に、新しいREST APIで継続的デリバリをサポートすることになり、Jenkins等のツールをPhillipsいわくインタフェースが一新されたDeploitと利用できるようになった。『複数の言語と環境で数百のアプリをサポートしている運用担当者の手に何かが必要。そこで問題のスケールを反映した500個のタブや500個の設定などなく、簡単なものを構築する必要があった。」