インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

VersionOne社、2012年秋版アジャイルチーム向け管理ツールをリリース

アジャイル開発「スクラム」用ソフトウェア・ツールで紹介したVersionOne社が2012年秋バージョンをリリースした。大企業のアジャイルチームのサポート機能を強化したという。

‘VersionOne announced the availability of its Fall 2012 Release with an innovative new Team Room environment. TeamRoom is a simple, lightweight team-based environment dedicated to supporting the daily activities of today’s agile development teams. In addition to TeamRoom, innovative new visualizations, Kanban improvements, and new reporting capabilities round out the release. ‘

「VersionOne社は、新しい革新的なTeamRoom環境を持つ2012年秋バージョンのリリースを発表した。TeamRoomはシンプルで、軽い、チームベースのもので、今日のアジャイル開発チームの日々の活動をサポートする専用環境だ。TeamRoomに加えて、新しい革新的な可視化、Kanban機能の改良、新しいレポーティング機能も今リリースに盛り込まれている。」

VersionOne

‘TeamRoom supports team members’ daily activities, providing interactive storyboards and taskboards, integrated team communication, and helpful information for daily stand-ups. Developers can easily customize their TeamRoom with mascots and avatars, select the information panels to display that are important to them, and even implement their own team-based WIP limits.’

「TeamRoomは、インタラクティブなストーリーボードやタスクボード、統合チームコミュニケーション、日々着目すべき情報を提供し、チームメンバーの日々の活動をサポートする。開発者は、マスコットやアバターの使用、パネルに表示すべき重要な情報の選択、チーム独自のWIPリミットの実装など、簡単にTeamRoomをカスタマイズ可能。」

‘“Today’s agile project management tools cater to either the development team or the project manager, but not both,” said VersionOne President and CEO, Robert Holler. “With our latest release, software organizations finally get the benefit of both an enterprise agile lifecycle management tool for roll-up and reporting purposes along with a simple, streamlined team experience. By allowing TeamRooms to be uniquely configured by the team with team mascots, personal avatars, custom views, and their own WIP limits, the personality of teams can take front-and-center, yet still provide the visibility needs of the enterprise.”’

「『今日のアジャイルプロジェクト管理ツールは、開発チームか、プロジェクトマネージャかのいずれかを満足するものになっているが、両方ではない』とVersionOne社の社長兼CEO、Robert Holler氏。『今回のリリースによりソフトウェア会社はついに、まとめとレポーティング用のエンタープライズ・アジャイルライフサイクルマネージメントツールと、チームがシンプルですっきりした使用感を得られるものを手に入れることになる。TeamRoomを、チームマスコット、パーソナルアバター、カスタマイズしたビュー、独自のWIPリミットなどを設定することにより、チームのパーソナリティが最重要と位置づけつつ、企業として求められる透明性も保てる。』」