インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ユーザビリティテストにクラウドソーシングが役立つ

ウェブサイトやソフトウェアの「使い勝手」をテストするのがユーザビリティテスト。簡単で分かりやすく、操作にストレスを感じないか、などの項目を確認していくことになる。これから得られる結果は貴重で、アクセス数や注文数を左右しかねない情報が含まれている可能性がある。しかしながらこれまで、ユーザビリティテストの実施は面倒でありコスト高でもあった。しかし今やクラウドソーシングによって、ユーザビリティテストも容易になった。

SD Timesの「Crowdsourced usability testing: Seriously useful(クラウドソーシングによるユーザビリティテスト:非常に役立つ)

‘Today, usability testing services are offered online and for cheap. These online companies sign up potential testers and match your testing requests with testers who meet your criteria.  For each testing engagement, you create a set of test instructions, which are then forwarded to the selected testers. ‘

「今日、ユーザビリティテスト・サービスがオンラインで安価に利用可能だ。これらのオンライン企業では、テスターになりうる人々がサインアップしており、テスト要求に応じて基準にあったテスターをマッチングしてくれる。各テストごとに、テスト指示書を作成し、それが選ばれたテスターの手に渡るという按配。」

Concert Crowd (Osheaga 2009) - 30000 waiting for Coldplay by Anirudh Koul, on Flickr

‘What you get back is a 20-minute video of the testers actually performing your instructions, with audio of their running commentary as they perform the assigned tasks. The videos you get back are segmented, so you can analyze each step of the instructions you provided.’

「得られるものは、指示に基づき実際にテスターがテストを行っているところを撮影した20分のビデオだ。決められたタスクをこなしていくなかで発するコメントを収めたオーディオ付き。ビデオはセグメント化されており、指示の各ステップごとに分析することができる。」

‘Intrigued by this new usability testing model, their cost, and our urgent need to validate a new account registration process, we tried out two services: UserTesting and TryMyUI.’

「この新しいユーザビリティテストのモデル、コスト、新しいアカウント登録プロセスを検証する火急的必要性があったため、興味をそそられ、2種類のサービスを試した。UserTestingとTryMyUIだ。」

‘We were quite impressed and pleased with the results. By providing a deliberately vague set of instructions to visit our website and download our qTrace screenshot and bug-capture tool, we were able to identify a number of issues and make immediate changes to make the process easier for visitors.’

「結果は極めて満足している。ウェブサイトに行き、qTraceスクリーンショットとバグキャプチャーツールをダウンロードするための意図的にあいまいにした指示書を提供したが、数多くの問題が発覚し、訪問者にとってより簡単なプロセスにするための変更を行うことができた。」

‘One of the advantages is that the testers are sitting comfy working on their own computers. They come from all walks of life, and they interact with your product in their home or office setting, so you know they are not under too much pressure, unlike a monitored lab setting. ‘

「利点の1つは、テスターはリラックスして自分のコンピュータで作業することだ。あらゆる職種の人たちで、自宅からあるいはオフィスから製品を操作するため、モニター付きラボのような強いプレッシャーがない。」

‘Besides the low cost, we were also impressed with the speed of these services. Within a few hours of placing the request for testing, we started receiving test results.  After 24 hours, we received all the feedback and we could perform our analysis. That allowed us to make some tweaks, retest and improve our usability in a matter of days.’

「低コストの他に、サービスのスピードにも驚かされた。テストのリクエストしてから数時間でテスト結果が届き始めた。24時間後には、全てのフィードバックが届き、我々の分析を行うことができた。これにより、微調整や、再テストを行え、数日のうちにユーザビリティを向上させることができた。」

‘For starters, you are working with a generic user base, and there is no screening for demographics. If your product is aimed at a very specific segment of the market, this might not be so useful for you. The majority of testers are presumably work-at-home types or students looking to earn extra cash.’
「初めて利用する場合、一般的なユーザベースで行い、対象者のスクリーニングは行われない。特定市場をターゲットとした製品であれば、これは合わないかもしれない。テスターの大半は、小銭かせぎをしたい自宅で仕事をするタイプの人か学生だ。」

‘Because suggested run times are limited to around 15 minutes with a hard limit of 20 minutes, you can’t make the tests too complicated or in-depth. This can be a good thing, though, because you can garner extremely focused results on specific areas, and you aren’t asking testers to concentrate for too long.’

「テストの時間は15分以内が推奨されており、最大20分に限られているため、非常に複雑なテストや詳細なテストは行えない。これはいいことでもある。なぜなら、特定の分野に絞った結果が集まり、テスターに長時間集中することを求めないからだ。」

‘Overall, we found crowdsourcing for usability testing to be an exciting new concept that is well worth exploring. It produced actionable results that helped improve our end-user experience, it was fast, and the fees are low. With the services we used, we engaged 10 testers for US$200. We found this a great way to bolster traditional Q/A and get some valuable insights.’

「全体として、ユーザビリティテストにクラウドソーシングを使うことは、検討に値する非常に面白いコンセプトであるとわかった。エンドユーザのエクスペリエンスを改善するために役立つ実行可能な結果を生み、速く、かつコストも安い。我々が利用したサービスは10人のテスターで200ドルであった。これは、従来のQAを補強し、価値ある見方を得ることができる。」