インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

2020年のクラウド予想

まもなく今年も残り2ヶ月となる。そろそろ来年はこうなるという予測がちらほら出てきているが、来年のことなので、予測がそれほど驚くものにはならない。もう少し長期的な予測の方がありがたいのだが、変動が激しいこの時代、長期予測は難しい。クラウドについて、その難しい長期予測に挑戦している例があった。

Business2Communityのサイトから。「Cloud’s Outlook for 2020

‘Jack Clark, a reporter for ZDNet, recently pulled together opinions from industry experts to create a vision of cloud computing in 2020 in an article, entitled “Cloud Computing: 10 Ways It Will Change by 2020.

「ZDNetのレポーター、Jack Clark氏が最近業界のエキスパートの意見をまとめ、『クラウドコンピューティング:2020年までに変わる10ポイント』と題した記事で2020年のクラウドコンピューティングのビジョンを作成している。」

Outlook Canyon by Viktor Igumnov, on Flickr

ソフトウェア – 不可知論的、大規模、ソーシャルへ

‘The first three ways cloud computing is changing in the future relate to software. Firstly, software – in particular front-end applications or ones built on top of a platform-as-a-service – will become truly hardware agnostic and reside in a “highly abstracted space” that helps render computing invisible.’

「クラウドコンピューティングが変わる点の最初の3点はソフトウェアの将来に関すること。まず、ソフトウェア、特にフロントエンド・アプリケーションかPaaS上に構築されたもの、が本当の意味でハードウェアに依存せず、コンピューティングを見えなくするような『非常にぼんやりしたスペース』上に存在するようになる。」

‘In point #2, the industry pundits discuss how software applications will become larger because of the availability of more hardware in the cloud. This will drive a need for modular applications that can be modified independently of the program itself.’

「2点目は、業界の専門家は、クラウド上により多くのハードウェアが利用可能になるがゆえ、ソフトウェア・アプリケーションはどのように巨大化するかについて討論している。これによりプログラム自体とは独立して変更できるようなモジュール化されたアプリケーションが必要になる。」

‘The third evolution for software and cloud computing is social software, where future enterprise applications may take on traits found in applications like Facebook, with programs automatically forming associations with hardware and software as needed.’

「ソフトウェアとクラウドコンピューティングで出現する3点目は、ソーシャルソフトウェアで、将来の企業アプリケーションは、必要に応じてハードウェアとソフトウェアの関係性を自動的に構築するプログラムを持つ、Facebookのようなアプリケーションの特性を持ちようになるということ。」

より安価でコモディティ化したコンピューティング

‘By 2020, the experts see hardware becoming even more commoditized, with predictions that the fastest-growing segment of the market will be cloud service providers – following in the footsteps of Facebook’s Open Compute Project. (Note, however, that according to another expert opinion in a point further down in the article, there may be a consolidation of cloud service providers by 2020 as competition heats up.)’

「専門家らは、FacebookのOpen Compute Projectの歩みに続き、急成長の市場分野はクラウドサービス・プロバイダになり、2020年までに、ハードウェアがより一層コモディティ化しすると見ている(特記事項として、にもかかわらず、別の専門家は本記事の後ろの部分で、競争が激しくなるため、2020年までにクラウドサービス・プロバイダーの統合が起こるとしている)。

‘And by 2020, experts say that processors will be lower cost with, with Clark noting that, “it’s likely that low power chips will be everywhere.” This, in turn, will help the clouds themselves become cheaper.’

「また2020年までに専門家らはプロセッサがより低価格になり、Clark氏が記するところによると、『低いパワーのチップはあちこちにあるという状態になる可能性がある』。したがって逆にクラウド自体も安くなる。」

異なる種類のデータセンター

‘The next two points on Clark’s list revolve around the data center – first that communications in the data center will be running much faster, with speeds “in the low hundreds of gigabits per second.” Experts also think cloud data centers will become more like a “biological system,” with an over-arching system governing the data center like an ecosystem or a living, breathing organism.’

「Clark氏のリストの次の2点はデータセンター関連だ。最初の点はデータセンターのコミュニケーションがはるかに高速に、数百Gbpsの下のほうスピードになる。専門家らはまたクラウドデータセンターは『生物学的システム』のようになり、エコシステム、生きて、呼吸する有機体のようなデータセンターを統括するシステムを持ったものになる。」

指導的立場にクラウドに偏った世代

‘Clark points out that by 2020, there will be a new generation of CIOs that grew up mainly in the cloud. And that’s the kind of environments that they are expected to build.’

「Clark氏は2020年までに、主としてクラウドで育った世代のCIOが生まれるとしている。それこそ構築が期待されている環境だ。」

専門化が階層化を生む

‘The last point Clark discusses is that we will start to see cloud specialization, with an ecosystem of cloud providers that will handle what typically would be considered very specific and often expensive on-premise applications. This will allow companies to shift workloads off to the cloud in ways that are not conceivable today.’

「Clark氏の最後のポイントは、クラウドの専門化が始まるだろうとしている点で、クラウドプロバイダのエコシステムは通常、非常に具体的で時としてオンプレミス・アプリケーションでは高価なものを扱うようになる。これにより、今日考えられないような方法でクラウドに負荷を移すことができるようになる。」