インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Windows 8のアプリ開発者によるとプロセスが酷いらしい

InformationWeekの記事から。「Windows 8 App Developer Says Process Stinks(Windows 8のアプリ開発者によるとプロセスが酷いらしい)

Microsoft might have successfully launched its new Windows 8 operating system this week, but the launch didn’t go according to plan for at least one would-be Windows 8 developer.

「マイクロソフトは今週新しいWindows 8オペレーティングシステムのリリースを成功裏に収めたかもしれないが、今回のリリースは、少なくともさるWindows 8開発者になろうとしていた者にとっては、 プラン通りにはいかなかったようだ。」

As self-described “long-time Windows developer” and enthusiast Jeffrey Harmon reported Wednesday on his blog, he began work on an app for Windows 8–to be sold via the Windows Store–in December 2011. Dubbed Memorylage, the application is designed for viewing and sharing photos; making collages; and taking photo-booth-style photos, using the new Windows UI.

「『長きにわたりWindows開発者』で熱狂的と自称しているJeffrey Harmon氏が、水曜日に自身のブログで述べたところによると、Windows Storeで販売するWindows 8用アプリの作業を2011年12月に開始した。Memorylageと呼ぶアプリケーションは、写真の表示、共有、コラージュ作成、写真スタジオ風の写真撮影、新しいWindows UIの使用 を目的として設計されたものだ。」

Failure Is Not Even Trying t by birdarts, on Flickr

同氏はWindows 8の開発スキルを磨くため、今年初め、休暇を利用して、マイクロソフト主催の3日間のApplication Excellence Lablsプログラムに参加。最終日に同氏のアプリは「App Xコンテスト」を受賞。この賞の賞品の1つは、レドモンドからやってきたマイクロソフトのフィールドエンジニアで、60点のチェックリストで同氏のアプリをレビューした人間との面談であった。これがすべてがStoreへの早期アクセスを確かなものにするのに役立つはずのものであった。が、

‘Harmon submitted his app to the Windows Store for review on Aug. 29, hoping to get an edge on any potential competitors before the official Windows 8 release in October. “With only 500 apps in the store, and almost 2 months before general release of Windows 8, I was feeling pretty good about the work I had put into it,” he wrote in his blog. “A day later though, I got the first of what would be many failure reports,” which said that the application had failed on four fronts.’

「Harmon氏は、8月29日、レビュー用にWindowsstoreへアプリを申請した。10月のWindows 正式リリースの前にあらゆる競合になるものに先駆けられることを期待して。『storeには500本のアプリしかなく、Windows 8の一般リリースのほぼ2ヶ月前であり、仕事の中身に関しては十分自信があった」と同氏のブログで明らかにしていうr。『しかし2日後、何度となく送られてくることになる失格レポートの最初のものが送られてきた』。その中身はアプリケーションが4点でパスしなかった、と。」

‘So Harmon added fixes–as best he could, given the “vague” error documentation provided by Microsoft–and resubmitted the application. Ultimately, however, the app failed the store-review process a total of six times, leading Harmon to blog this week that “I still don’t know what is causing the failure.”‘

「そこでHarmon氏は、マイクロソフトから送られてきた『はっきりしない』エラーの書面を基に出来る限りの修正を追加し、アプリを再申請した。最終的に、アプリはストアのレビュープロセスで6回失格になり、Harmon氏が今週ブログに次のように書くにいたった。『失格になる原因が今だにわからない』。」

‘Contacted by email, Harmon Friday said that since writing his blog post–which has already racked up 40,000 page views–he has yet to hear back from Microsoft. But he also emphasized that the blog post was meant to be a heads-up to Microsoft. “One of the reasons why I detailed how much effort went into creating the app, and mentioning the awards it won was so people didn’t think I was just some person taking their first stab at development, and was unhappy I didn’t get in on my first try,” he said. “I have no problem failing, as I want there to be a high standard of quality, but if you are going to fail me, at least tell me why. Everyone at Microsoft that actually looked at the program has said it should pass, and it even made it into a technician’s personal test store. I can’t fix a bug that no one can find.”‘

「Eメールでコンタクトしたところ、Harmon氏によると、ブログに投稿してから、4万ページビューを上げているが、マイクロソフトからまだ何もきていない。が、ブログの投稿は、マイクロソフトへの警告を意図したものとのこと。『アプリ構築にどれだけ努力したかを詳しく書き、賞を受賞したことにも言及した理由の1つは、開発をはじめて手がけた人間ではないと分かって欲しかったためで、1回目でパスしなかったのは残念だった』とのこと。『高品質でありたいので、失格することはしょうがない。しかし、失格するのであれば、少なくともその理由を教えてもらいたい。プログラムを実際に見たマイクロソフトの誰もがパスすべきものと言っている。技術者のパーソナルなテストストアにも入っている。誰も見つけられないバグを直すことは私にはできない。』」

‘Despite the hiccup and potential lost business opportunity, Harmon remains an enthusiastic Windows 8 developer. “My experience was very positive up until submission,” he said. “The tools are great, the documentation is extensive, there are plenty of samples out there, and Microsoft has been hosting tons of events around the country and online to help out.”‘

「ギクシャクして、ビジネスチャンスを失うかもしれないが、Harmon氏が熱狂的なWindows 8開発者であることに代わりはない。『申請を出すまでは非常にポジティブであった』と同氏。『ツールはすばらく、ドキュメントはしっかりしているし、サンプルも豊富で、マイクロソフトは国中あるいはオンラインで多数のイベントを開催している。』」

“This is one reason why the failure at the last mile is so striking,” he said. “It’s not like Microsoft isn’t trying here. They really are, but are just missing some basic things in the approval process.”‘

「『ゆえに、最終段階で失格になったのは驚きだった。』と同氏。『マイクロソフトがトライしていないというとこではない。実際一生懸命やっているが、承認のプロセスで何か基本的なことを見逃しているだけだ。』」

— そうあって欲しい。