インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

MarkLogic®社、Hadoop上で動作するNoSQLデータベースMarkLogic® Enterpriseを発表

‘MarkLogic Corporation today announced the MarkLogic® enterprise NoSQL database running directly on the Hadoop Distributed File System (HDFS). With this latest innovation, Hadoop customers benefit from MarkLogic enterprise features — such as ACID transactions, role-based security, full-text search, and the flexibility of a granular document data model for real-time applications — while also leveraging their existing Hadoop infrastructure.’

「MarkLogic社は、本日Hadoop Distributed File System(HDFS)上で直接動作するNoSQLデータベースMarkLogic Enterpriseを発表した。この最新のイノベーションにより、Hadoopの顧客は、既存のHadoopのインフラを活用しながら、ACIDトランザクション、ロールベースのセキュリティ、フルテキスト検索、リアルタイムアプリケーション向けとしてドキュメント・データモデルの粒度に関する柔軟性など、MarkLogic Enterpriseの機能を活用することができるようになった。」

MarkLogic

‘Regulated industries, such as government and financial services, often have legal requirements that govern the amount of data an organization needs to keep and what it may need to report on. Additionally, a business may want to keep a long-tail of information for historical reporting and analytics. By combining Hadoop and MarkLogic, users are able to index the most critical and frequently accessed data on high-performance infrastructure and allocate the rest to a low-cost archive for intermittent access and historical analysis.’

「政府や金融サービスなど、規制がある業界では、組織が保持すべきデータ量や報告すべき内容などを規定した要件が存在する場合が少なくない。さらに業務によっては、過去履歴の報告や分析のために、情報のロングテールをキープしたいという場合もある。HadoopとMarkLogicを組み合わせることにより、ユーザは高性能のインフラに最重要で頻繁にアクセスするデータをインデックスすることができ、一方、頻度の低いアクセスや過去履歴の分析用には、残りのデータを低コストのアーカイブに割り当てることができる。」

‘This is a critical step in realizing MarkLogic’s vision of enabling a fluid mix of data between operational and analytic workloads. Segregating data across different storage and computation tiers lets users optimize cost, performance, availability, and flexibility. Users can store data, indexes, and journals across a mixture of local (RAM, HDD, and SSD), SAN, and HDFS-based storage. This provides secure, low-latency access to operational data, as well as economical storage and processing of the remaining long-tail.’

「今回の発表は、オペレーションと分析の負荷の間でデータを混在して流すことができるようにするという、MarkLogic社のビジョンを実現する上で、重要なステップだ。異なるストレージ層や計算層にデータを分離することにより、ユーザはコスト、性能、可用性、柔軟性の観点から最適化できる。ユーザはデータ、インデックス、ジャーナルを、ローカル(RAM、HDD、SDD)、SAN、HDFSベースのストレージなどを組み合わせて保存可能。これにより、オペレーションデータにセキュアかつ低遅延でアクセスできるとともに、その他のロングテールについては、経済的なストレージと処理能力を割り当てることができる。」

‘A MarkLogic® Server technology preview, featuring Hadoop Distributed File System (HDFS) storage, is available from MarkLogic Developer Labs at http://developer.marklogic.com/labs. MarkLogic expects the production release to be generally available early next year.’

「Hadoop Distributed File System(HDFS)ストレージを中心としたMarkLogicサーバ技術のプレビューは、MarkLogic Developer Labs http://developer.marklogic.com/labsからダウンロード可能。一般向けプロダクション・リリースは来年初めの予定。」