インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

アマゾンとの競合に挑むDreamHost

IaaSの分野で、Amazon Web Servicesがリーダーのポジションを確立している。アマゾンとガチンコ勝負を挑むのはそれこそ自殺行為と見えなくもないが、あえてアマゾンとの競合に挑む企業が現れた。DreamHostだ。

DataCenter Knowledgeのこの記事。「DreamHost Unveils IaaS Cloud to Compete with Amazon(DreamHost社、アマゾンと競合するIaaSクラウドを発表。)

‘Hosting provider DreamHost has spent much of 2012 preparing for its entry into the cloud computing market. In April the company said it was working with Nicira to optimize a speedy network for its OpenStack-based cloud. In June, DreamHost said it was expending its infrastructure beyond its core Los Angeles market by opening anEast Coast data center at a new Raging Wire facility in Ashburn, Virginia. In September it rolled out a cloud storage platform based on the open source Ceph file system.’

「ホスティングのプロバイダDreamHostは、2012年のほとんどをクラウドコンピューティング市場への参入の準備に費やした。4月、同社はNicira社と共同でOpenStackベースのクラウドのネットワークを最適化していることを明らかにした。6月、DreamHost社は、コアであるロスアンジェルス市場を越えた範囲でインフラを拡張していると明らかにし、バージニア州アシュバーンの新しいRaging Wireの施設で東海岸のデータセンターを開設した。9月、オープンソースのCephファイルシステムに基づくクラウドストレージ・プラットフォームの展開を開始した。」

DreamHost

‘Today DreamHost unveiled DreamCompute, its infrastructure-as-a-service (IaaS) cloud compute service, which it is positioning as an alternative to the market-leading IaaS cloud from Amazon Web Services. The service is launching as a public beta, with pricing to be announced in coming weeks. In coverage at The WHIR, Liam Eagle provides an overview of the announcement, including commentary from DreamHost CEO Simon Anderson:’

「本日DreamHostはDreamComputeを発表。IaaSクラウド・コンピュート・サービスで、市場をリードするIaaSクラウドであるAmazon Web Servicesの代替として位置づけた。サービスはパブリックベータとして開始したもので、ここ何週間かで価格を公表する予定。Web Host Industry Reveiw (WHIR)でLian Eagle氏は発表の概要を掲載するとともに、DreamHostのCEO、Simon Anderson氏のコメントも載せている。」

In an interview appearing in the upcoming issue of WHIR magazine, Anderson expressed his excitement about DreamHost’s cloud hosting offerings as an example of how companies in the traditional web hosting business can use their specific expertise to compete against Amazon in the cloud infrastructure market.

WHIRマガジンの次号に掲載される予定のインタビューで、Anderson氏は、従来のウェブホスティングをビジネスとする企業が自身の知見を活用し、クラウドインフラの市場でアマゾンと競合できる例としてDreamHostのクラウドホスティングを提供できることをうれしく思うと語っている。

‘DreamHost used Opscode Private Chef to automate configuration and environment management for its new DreamCompute public cloud and DreamObjects cloud storage service, as noted in a announcement from Opscode.’

「Opscodeからの発表によると、DreamHostは、新しいDreamComputeパブリッククラウドとDreamObjectクラウドストレージサービス用として、Opscode Private Chefを使い、構成と環境管理の自動化を行っている。」

— どういう価格付けにするのか、注目したい。