インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Oracle ExalyticsはBIに必須か。

先日行われたOracle Open Worldでは、クラウドが大きくフォーカスされていたが、もう1つのフォーカスをあげれば、Oracle Exalysticsだった。このBI用ハイパフォーマンス・アプライアンス。だがハイパフォーマンスといえばOracle Exadataもあるが、はたしてExalysticsが必要なのか。

InformationWeekの「Oracle Exalytics: Is It A Must-Have for BI?(Oracle Exalystics:BIに必須か)

‘Released in February, Exalytics is Oracle’s latest engineered system. It leverages the TimesTen in-memory database to support fast BI analyses. The system packs 1 terabyte of RAM, 40 processing cores, and has a list price of $170,000 (not including software).’

「2月にリリースされたExalysticsはOracleの最新のEngineered System。TimeTenインメモリ・データベースを活用し、高速なBI分析を可能にしている。1TBのRAM、40台のコアを持ち、定価で17万ドル(約1360万円:ただしソフトウェアを含まず)。

Oracle Exalytics In-Memory Machine (http://www.oracle.com)

‘Exalytics lets you cache both the metadata for Oracle BI Enterprise Edition (OBIEE) as well as the data from data warehouses and Essbase cubes into memory. Oracle customer Sodex reported at Open World that it’s experiencing ten times faster performance on Essbase cubes running on Exalytics versus a conventional Essbase deployment. What’s more, the results served up at high scale to 10,000 users.’

「Exalyticsは、Oracle BI Enterprise Edition(OBIEE)のメタデータおよび、データウェアハウスやEssbaseキューブからのデータをメモリにキャッシュすることができる。Oracleの顧客でSodexはOpen Worldにおいて、Exalytics上のEssbaseキューブは、従来のEssbaseの実装と比較して10倍の高性能であると報告した。さらに、1万ユーザまでスケールアップするとの結果であった。」

‘Exalytics integrates with Exadata, Oracle’s database appliance, via a superfast Infiniband connection to allow loads from the data warehouse into the in-memory BI system. The Exalytics Summary Advisor gathers usage statistics on queries to recommend which data should be loaded into memory versus left on disk.’

「ExalyticsはOracleのデータベース・アプライアンスであるExadataと統合し、高速Infiniband接続でデータウェアハウスからインメモリのBIシステムにデータをロードできる。Exalytics Summary Advisorは、クエリの統計を集め、ディスク上に残すか、メモリにロードすべきかをアドバイスしてくれる。」

‘Thomson Reuters reported at Open World that Exalytics has enabled the company to serve up an interactive dashboard analyzing a 10-billion-row data set–something that would not be possible without in-memory performance. Exalytics ensures performance at the BI application level by caching OBIEE metadata, whereas Exadata’s performance addresses only the underlying data.’

「Thomson ReutersはOpen Worldで、Exalyticsは、インメモリ性能なくしては実現不可能な、100億行のデータセットをインタラクティブ・ダッシュボードで分析できる報告している。ExalyticsはBIアプリケーションレベルの性能をOBIEEメタデータをキャッシュすることで実現しているが、Exadataの性能はデータの部分のみに対応している。」

‘Exalytics also brings advantages to OBIEE software deployments. Swedish shoe retailer NilsonGroup cited easier maintenance of OBIEE on Exalytic’s optimized hardware, without the need to patch software as they previously had to on commodity hardware. With Exalytics, Oracle handles the updates at the system level behind the scenes.’

「ExalyticsはまたOBIEEソフトウェア実装にもメリットをもたらす。スウェーデンの靴小売業者NilsonGroupは、Exalyticsの最適化ハードウェアで上でのOBIEEはメンテナンスが容易で、従来の一般のハードウェアではソフトウェアのパッチを適応しなければならなかったとしている。Exalyticsにより、Oracleがシステムレベルで更新に対応している。」

‘Another contrast is the comparison between Exalytics and SAP’s Hana. The latter offers third-party support for multiple BI vendors and multiple hardware vendors. An SAP and Oracle partner who has tested both Hana and the combination of Exadata plus Exalytics described Hana as “revolutionary and 1,000 times better” while calling the Oracle alternative “evolutionary and 10 times better.”‘

「もう1つの対比は、ExalyticsとSAPのHanaとの比較だ。後者は、複数のBIベンダーや複数のハードウェアベンダーに対しサードパーティのサポートを提供している。あるSAPとOracleのパートナーはHanaとExadataおよびExalyticsの組み合わせでテストし、『Hanaは革命的に1000倍高速』で、一方Oracleの方は『革新的に10倍高速』であったとしている。」

‘OBIEE 11.1.1.6, released in February, supports greater dashboard interactivity and improved data visualization over the previous version of OBIEE to take advantage Exalytics performance. At first glance, the finished charts look as powerful as those in competitive products, such as Tableau Software and TIBCO Spotfire. However, the OBIEE design interface is less intuitive than those mature products and there’s a whole lot more complexity involved in developing dashboards in OBIEE than in the competitive products.’

「2月にリリースされたOBIEE 11.1.1.6は、以前のOBIEEに比べて、Exalyticsの性能を活用し、ダッシュボードのインターラクティブ性とデータ可視化を向上させている。一見、出来上がったチャートは、Tableau SoftwareやTIBCO Spotfireなどの競合製品のそれと同じぐらいパワフルに見える。しかしOBIEEのデザインインタフェースは成熟した製品と比べて分かりやすくはなく、OBIEE上でダッシュボードを作るには、競合製品と比べて複雑度がかなり高い。」

‘In addition to running OBIEE and Essbase, Exalytics also runs Endeca Information Discovery software. Oracle acquired Endeca in late 2011 both for its e-commerce technology and its ability to search unstructured content, such as warranty claims and Twitter streams. The Endeca MDEX engine uses a combination of in-memory and columnar data storage. Endeca can be deployed on commodity hardware, but a system integrator speaking at Open World cited easier deployment on Exalytics.’

「OBIEE、Essbaseを動かすのに加えて、Endeca Information Discoveryソフトウェアも動作する。OracleはEコマース技術および保証クレームやTwitterストリームなど非構造データを検索する機能があるため、Endecaを2011年終わりに買収した。Endeca MDEXエンジンはインメモリと列指向データストレージを組み合わせている。Endecaは一般のハードウェアにも実装可能だが、Open Worldでスピーチしたシステムインテグレータによると、Exalyticsの方が実装が簡単だとのこと。」

‘The bottom line, if you are using OBIEE and hoping for high user counts or big data scale, Oracle has designed Exalytics to be part of that deployment. In my view it’s still too early in Exalytics’ product life to say how much customers are sacrificing openness to third-party products for the promise of performance and ease of deployment.’

「結論。OBIEEを使っていて、より多いユーザやビッグデータ対応を期待しているのであれば、Exalyticsはそのような実装の一部としてOracleがデザインしたものだ。私見では、Exalytics製品は始まったばかりで、サードパーティ製品へのオープン性を犠牲にし、性能と実装の容易さを選ぶ顧客がどれくらいかを語るのは時期尚早だと思う。」