インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

デスクトップ仮想化はコスト削減にならない!?

仮想マシンにクライアントから接続し、その仮想マシンのデスクトップを利用できるようにするソリューションがデスクトップ仮想化。特に企業向けとしては、デスクトップの管理がシンプルになり、セキュリティ面での利点もあるため、導入済みあるいは導入予定の企業が多いと思われる。デスクトップ仮想化の利点としては、コスト削減も期待されているはずだが、デスクトップ仮想化はコスト削減にならないという。

NetworkComputingの「Desktop Virtualization No Cost Saver?(デスクトップ仮想化はコスト削減にならない?)

‘Krueger said vendors often promise that a VDI deployment will pay for itself in as little as nine months. Hardware acquisition and maintenance costs are supposedly reduced since VDI users can typically get by with lower-end PCs or even dumb terminals as data crunching is shifted to back-end servers. ‘

「(GlassHouse Technologies社のプリンシパルコンサルタント)Don Krueger氏によると、VDIの実装は最短9ヶ月で元がとれると、ベンダーはよく約束している。ハードウェア調達費やメンテナンスコストは下がることが期待されている。なぜならデータ処理はバックエンドサーバにシフトし、VDIユーザには通常ローエンドのPCやダム端末が割り当てられるからだ。」

VDI TCO Analysis for Office Worker Environments

‘According to Krueger, that analysis is too narrow because it ignores significant costs that VDI can add to the data center in terms of virtualization software, storage, and additional server capacity. “It may be a lot cheaper to keep your existing desktops, especially if they are relatively new,” said Krueger.’

「Krueger氏によれば、この分析は、仮想化ソフトウェア、ストレージ、追加のサーバ容量などの観点でVDIによりデータセンターに追加されるコストが無視できないため、見方が狭すぎるとする。『比較的新しいのであれば、既存のデスクトップを継続使用したほうがもっと安価で済む』と同氏。」

‘And while a single VDI server can support multiple clients, those savings can be quickly eroded by license fees. Microsoft, which offers its own Hyper-V VDI technology in competition with rivals like Citrix and VMware, charges about $100 per device for access to the Windows desktop through a virtual interface, according to Krueger. That’s true whether the user is getting their virtual Windows environment through a PC, iPad, or some other device.’

「また、シングルのデスクトップ仮想化サーバで複数のクライアントをサポートできるが、これによる節約はライセンス料で相殺されてしまう。Krueger氏によれば、CitrixやVMwareの競合であるHyper-V デスクトップ仮想化技術を有するMicrosoftは、仮想インタフェースを通してWindowsデスクトップにアクセスするデバイスごとに100ドル課金される。ユーザが仮想Windows環境にアクセスするためのデバイスがPC、iPad、あるいはその他であろうが同じだ。」

‘Earlier this year Microsoft announced a new VDI license plan for Windows 8, called Companion Device License, which will apply to all users who access Windows through non-Windows devices. The company has yet to announce full pricing details.’

「今年初めMicrosoftはWindows 8向けの新しいVDIライセンス計画、Companion Device Licenseを発表した。これは、非WindowsデバイスからWindowsにアクセスする全てのユーザに適用されるもの。価格の詳細はまだ未発表だ。」

‘Microsoft itself supports the view that VDI’s total costs are pricier than a traditional PC setup. The software maker recently published a study that found that VDI costs were, on average, 11% higher per user.’

「Microsoft自体、デスクトップ仮想化の総コストは従来のPCセットアップよりも高くつくという見方をサポートしている。同社はデスクトップ仮想化はユーザあたり平均11%高くつくという調査結果を発表している。」

— コストは高くつが、デスクトップ仮想化には他にもメリットがあるため、意味がある。