インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

欲しいギフトを貰えるようになるアプリ

何か贈り物をしようと思うと、何がいいのか迷ってしまうことは良くあることだ。なぜなら贈り物の受け手は何を欲しがっているのかがわからないからだ。ならば、受け手が選べるギフトカードにしてしまう、という方法があるが、これではどうも、困って手抜きしたと思われかねない。そんな人へのソリューションがTOAST。Co.DESIGNの「Toast: An App That Guarantees A Good Gift Every Time(Toast: いつも良いギフトを保証するアプリ)

‘Their free iPhone app is a smartphone-age panacea to the bad gift, a solution that’s a bit more personal than the prevailing 21st-century standby of the Amazon gift card. In fact, their idea draws inspiration from Amazon’s other contribution to gift-giving as we now know it: the virtual wish list. Essentially, Toast lets you create lists of things you really want–be they specific products, like a new pair of Vans, or just general ideas, like a new houseplant–that your friends and family can reference when the occasion warrants. If your loved ones don’t have the app, you can still make sure they get the message by sharing your list via the web.’

「この無料のiPhoneアプリは、酷い贈り物を治すスマートフォン時代の万能薬で、アマゾンギフトカードよりも、よりパーソナルなソリューションだ。事実、よく知られている贈り物に対するアマゾンが貢献したものからヒントを得たものだ。仮想の欲しいものリストだ。本質的に、Toastは、欲しいものリストを、例えばVansのシューズ一足のように、具体的製品を挙げて、あるいは、鉢植えなど、もっと一般的なもので作成することができ、友人や家族が必要な時にそのリストを参照できるというものだ。アプリを持っていなくとも、ウェブ経由でリストをシェアすることができる。」

TOAST

‘Travis Todd, one of Toast’s founders, told me that the app benefits both the person giving the gift and the one receiving it. His friends and family, he explained by way of example, “have a better gifting experience because they don’t have as much anxiety over what to get for me.” And he, in turn, gets better gifts. The solution at work here is a pretty simple one; a wish list shifts the burden of “gift finding” from the giver to the recipient and fundamentally changes the timeline for when it takes place. ‘

「Toastの創立者Travis Todd氏いわく、アプリは贈る側と受け取る側の双方にメリットがあるという。例として、友達や家族は『どう思われるかを心配することが少ないので、贈り物を贈ることがいい体験になる』という。また逆にいい贈り物を貰えることにもなる。ソリューションはシンプルだ。欲しいものリストは、贈り物を探す負担を贈り主から、受け手に移動し、根本的に流れを変えてしまうもの。」

— 欲しいものを指定する際はギフトサイト等のリストから選択する形。そのリスト内でどう表示されるかで収入を得るのかも。