インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

要求管理・プロジェクト管理ツールRequirementOne

要求管理・プロジェクト管理ツールは数多く存在するが、高機能かつ低価格を売りにするツールがRequirementOne。米国カルフォルニア州サニーベールを本拠地とし2005年に設立されたRequirementOne社が提供するツール群の総称だ。

TechDirectのサイトより。

‘RequirementOne offers 5 integrated Apps that will allow you to maximise the productivity and success of your projects; planning, specification, feedback, tenders and issues. The RequirementOne pricing model is unique – customers pay per project, per app with unlimited users. One of the constraints of other services is that they are charged per user – which means for large project teams licence fees can become prohibitively expensive very quickly.’

「RequirementOneは統合された5つのアプリケーションからなり、プランニング、仕様、フィードバック、入札(RFPやRFI)、課題の観点から、プロジェクトの生産性と成功を最大化するもの。RequirementOneの価格モデルはユニークだ。顧客はプロジェクト単位、アプリ単位で課金されるが、ユーザ数は無制限。他社のサービスの制約の1つは、ユーザ単位で課金されることで、大規模プロジェクトチームではライセンス料が瞬く間に法外に高くなってしまうことだ。」

RequirementOne

‘Many project teams are currently forced to use a variety of different products for requirement gathering, tender management, project management and issue or defect tracking. Using these disparate systems introduces significant potential for errors and can prevent the project owner being able to get a holistic view of how the project is progressing.’

「プロジェクトチームの多くは、現状、要求のまとめ、入札管理、プロジェクト管理、課題・障害トラッキングなどに様々な異なるソフトウェアを使用している。これらばらばらのシステムを使用すると、エラーを引き起こす元であり、プロジェクトオーナーがプロジェクト進捗を俯瞰することができなくなる。」

‘To maximise efficiency in the running of requirements led projects RequirementOne enables customers to share information seamlessly across the apps. This eradicates the rekeying of data – saving time and minimizing errors when compared to non intergrated products.’

「要求に基づいたプロジェクト実施の効率を最大化するため、RequirementOneはアプリ間でシームレスに情報を共有できるようにしている。データの再入力を排除でき、統合されていない製品と比較して、時間の節約とエラーを最少化することができる。」