インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

オンラインショッピング的機能を実装したジョブ・サーチサイトWork.io

仕事を探している人と、仕事をしてくれる人とをマッチングする、いわゆるジョブ・サーチのサイトは多数存在している。いずれもモバイル開発案件のプロジェクトマネージャや、ウェブサービス向けJavaプログラマーなど、仕事を掲載すること、つまり仕事を探している人に焦点を合わせ、職種などをキーとして、ディレクトリ型の検索を可能にしているところが多い。

Work.ioという新しいサイトは、これまでとは全く違う観点から構築されたもので、その発想は注目に値するように思う。

Small Business Trendsの「Work.io: An Online Marketplace for Hiring Help(Work.io: 雇用側を支援するオンラインマーケットプレース)」から。

‘For small businesses looking to hire help or just outsource a few tasks, recruiting tools can often seem complicated, especially for businesses that aren’t large enough to have someone who’s specifically in charge of finding new talent. Work.io is a startup that aims to help connect companies with people who can help, but it does so in a new kind of way that may seem more familiar.’

「ヘルプしてくれる人や数タスクだけをアウトソースしたい中小企業にとって、リクルート・ツールは、特に人材を探す専任を置けないような規模の事業では、 大抵複雑すぎる。Work.ioはヘルプしてくれる人と企業を結びつけつつ、より馴染みのある方式で使えるようにすることを狙ったスタートアップ企業だ。」

work.io

‘Businesses can browse through the specific skill sets and experience they’re looking for, whether it’s legal research, lead generation, or anything in between. Companies can also specify whether they need quick help for one specific project, or potentially a larger workload.’

「企業側は、求めているスキルセットや経験、例えば法令や判例の調査分析、見込み客獲得、合間にやる何らかのタスクを指定して検索できる。企業側はある特定のプロジェクトに至急ヘルプが欲しい、あるいは、ゆくゆく大きな仕事になりえるなどを指定することも可能。」

‘Once companies use the Work.io template to specify their needs, the site then finds relevant matches in its database and pitches the job to potential workers. They can then respond to the posting, including information such as rate, skills, experience, and bio.’

「企業側は一度Work.ioテンプレートを使ってニーズを指定すれば、サイト側でデータベースでマッチングを行い、候補者に仕事を提示してくれる。候補者側は、対価、スキル、経験、履歴書などの情報を含めて、掲載された仕事に応募できる。」

‘Companies can see who is responding and how many individuals they’ve reached with their posting in real time. They also have the opportunity to reach out and speak with anyone involved at any time throughout the process.’

「企業側は誰が応募してきたか、仕事に対してどれぐらいの人間にリーチできたかをリアルタイムに確認できる。全体プロセスのどこででも、関与する人間に接し、話をする機会を得ることもできる。」

‘Anyone can create a profile on the site, but Work.io controls who has access to the actual site database based on how well their skills and expertise match up with demand from businesses. So instead of wading through classifieds or creating a post on a general recruiting site, users of Work.io have access to a sort of curated list of potential help.’

「サイト上では誰でもプロフィールを作ることができるが、誰が実際にデータベースにアクセスできるかは、スキルと専門性がビジネス側の要求とどの程度マッチしているかに基づいて、Work.ioが制御する。従って、項目別の広告を渡り歩いたり、一般的なリクルートサイトで求人を表示したりする代わりに、Work.ioのユーザは、ヘルプしてくれそうな人に選別されたリストの類にアクセスできる。」

‘For companies, this type of site could potentially simplify the whole recruiting process by turning it into a more familiar kind of user experience, like an online marketplace. But it could also be helpful for business professionals who want to market their existing skills to gain freelance or consulting work.  The constant stream of leads targeted to your experience could not only help freelance workers or very small businesses gain jobs, but it could also help create contacts in industries where you may continue to find work in the future.’

「企業側にとって、この種のサイトは、オンライン・マーケットプレイスのように馴染みのあるユーザ・エクスペリエンスに代えることにより、リクルートのプロセス全体をよりシンプルにできる可能性がある。またフリーランスやコンサルタントの仕事を得るために既存のスキルを売りたい専門家にとっても役立つ可能性がある。自身の経験にターゲットを絞られた見込み案件が継続的に流れてくるため、フリーランサーや、小規模ビジネスが仕事を得ることに役立つのみならず、将来仕事を探し続ける業界にコンタクトできるようにもなる。」

‘However, this isn’t the only site currently available that matches companies with new talent. Services like oDesk and Taskrabbit that help companies outsource certain jobs and tasks have been gaining some popularity and support in recent months.’

「しかし、企業と人材とをマッチングするサイトはここだけではない。oDesk、Taskrabbitなど、企業がある仕事やタスクをアウトソースする助けとなるサービスは、最近ある程度広まっており、サポートも得られるようになってきている。」

‘But Work.io claims to have a more simplistic approach and fewer hoops for companies to jump through when looking to hire.’

「しかし、Work.ioでは、手法がよりサンプルで、雇用したい場合に経なければならないステップがより少ないと主張している。」

— コンセプトは素晴らしいと思う。後はどこまでその世界を実現できるかだ。