インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

BlazeMeter、Jenkins用負荷テストプラグインをリリース

BlazeMeter、Facebook向け負荷テスト用クラウドサービスを開始」で紹介したBlazeMeterが新しいサービスを開始した。今回はオープンソースのJenkins用プラグインだ。これにより、Jenkinsによる継続的インテグレーションの工程内で、現実味のあるクラウドテストを行えるようになるというもの。

BlazeMeterのニュースリリースより。

‘The new BlazeMeter plugin allows users to leverage cloud based load testing as part of the Jenkins build cycle. It completely alleviates the need for on-premise servers, load testing software installation or complex configurations. BlazeMeter’s self-service load testing platform significantly simplifies the process of load testing for developers.’

「新しいBlazeMeterのプラグインにより、Jenkinsビルド・サイクルの一部として、クラウドベースの負荷テストを活用することができるようになる。オンプレミス・サーバの準備、負荷テストソフトのインストール、複雑な設定は不要。BlazeMeterのセルフサービス型負荷テスト・プラットフォームにより、開発者の負荷テストプロセスが非常にシンプルになる。」

BlazeMeter Jenkinsプラグイン

‘During each load test, a dedicated cluster of up to 60 JMeter load engines is launched in a matter of minutes with a traffic origin of choice between 7 multi-geo locations. These dedicated servers generate traffic according to a JMeter test script. Starting and stopping the load test is achieved by an automated Jenkins process that uses BlazeMeter’s REST API.’

「各負荷テスト中、最大60個のJMeter負荷エンジンによる専用クラスタが、数分のうちに起動され、トラフィック源も7箇所の地点から複数個所選んで設定可能。これらの専用サーバはJMeterテストスクリプトに基づきトラフィックスを生成する。負荷テストの開始、終了はBlazeMeterのREST APIを使ったJenkinsの自動プロセスにより行われる。」

‘Reports that include real time KPI analysis are stored as part of the Jenkins build as well as in the user’s account. BlazeMeter tests can also run on-demand using a browser, so any issues located in the reports during the build can be easily reproduced by the developer. Using the dashboard of reports, users can easily evaluate system performance and run numerous iterations, enabling them to locate errors, fix and re-test time and time again.’

「リアルタイムのKPI分析を含むレポートは、Jenkinsビルドの一部として保存され、ユーザアカウント内にも保存される。BlazeMeterのテストは、ブラウザを使ったオンデマンドでも実行可能で、ビルド中にレポートされた問題点を、簡単に再現可能。レポートのダッシュボードを使い、システム性能評価や様々な繰り返しを行え、何度も、エラーを発見し、修正し、再テストすることが可能。」