インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Twitter APIの利用ルール変更によりIFTTTに大打撃

このブログの更新通知をTwitterとFacebookにポストするために、IFTTT(IF THIS THEN THAT)というサービスを利用している。ブログに新規投稿すると、それをトリガーとしてTwitterに投稿され、さらにそのTwitter投稿をトリガーとしてFacebookに投稿するという仕組みだ。「iftttというちょっと面白いサービスを試してみた」で、一年以上前に試して以来、利用している。何しろ設定は極めて簡単。設定してしまえば、何も言わなくても常に処理し続けてくれる。Wodpressのプラグインを使っても、同じようなことを実現できるが、これほど軽く簡単なものは見つからなかった。ところが、先日IFTTTから、Twitterのポストをトリガーとするサービスを終了するというメールが送られてきた。どうなっているんだ、と思ったところ、All Things Dに同じようなことが書かれていた。

Twitter Developer Rules of the Road

The Fine Print on Twitter’s Latest Developer Dustup With IFTTT(Twitterの最近の開発者に関する利用ルールがIFTTTにパンチを浴びせた

‘When I saw the email in my inbox, I was instantly bummed. The way the email was worded, too, made it seem like IFTTT was the latest in a string of companies affected by Twitter’s recent overhaul of its developer guidelines (currently a hotbed of contention in the tech community that relies upon Twitter’s platform to power their services).’

「受信箱にこのメールがあるのを見たとき、すぐに頭にきた。メールの文章は、IFTTTがTwitterの最近の開発者ガイドライン改定(Twitterプラットフォームに依存したサービスをしている技術コミュニティで現在論争の温床になっている)によって影響受けた会社であるかのように思われた。」

‘“In recent weeks, Twitter has announced policy changes* that will affect how applications and users like yourself can interact with Twitter’s data. As a result of these changes, on September 27th we will be removing all Twitter Triggers, disabling your ability to push tweets to places like email, Evernote and Facebook.”’

「『数週間前、TwitterはアプリケーションやユーザとTwitterデータとのやりとりに影響がある方針変更を発表した。この変更の結果、9月27日に全てのTwitterトリガーを削除し、メール、Evernote、Facebookのように投稿することができなくなる。』」

‘The company recently axed its connection with LinkedIn, and as a product VP outlined in a detailed explanation of its new guidelines, the company won’t be as tolerant of developers who don’t follow the rules of Twitter’s road as it has been in the past.’

「同社は最近LinkedInとの接続をやめ、製品担当副社長が新しいガイドラインの詳細について説明したとおり、同社はTwitterのルールに従わない開発者に対して、以前のようにように寛容ではなくなる。」

‘This time, however, the devil seems to be in the details.
In a footnote to its statement on the change, IFTTT specifically cites a change in section 4A of Twitter’s developer guidelines as the reason for dropping Twitter support. It’s sort of nerdy tech jargon, but it essentially states that outside companies can’t export Twitter content to an outside cloud-based service like, say, IFTTT.’

「しかし今回は、問題は詳細部分にあるようだ。変更に関する声明の補足説明で、IFTTTがTwitterサポートをやめる理由として引用しているTwitter開発者ガイドラインの4A節の変更だ。技術的に専門的な話に近い類だが、本質的に外部の企業は、例えばIFTTTのような外部のクラウドベースのサービスにTwitterコンテンツをエクスポートできないとしているものだ。」

The problem is, that’s not a new rule for Twitter. In fact, according to the archive of Twitter’s developer rules of the road, this has been the case since at least April of 2011, if not longer (that’s as far back as the archive displays “recent changes”). So, essentially, IFTTT is pointing the finger at supposed changes in the Twitter ecosystem that really occurred more than a year ago.
Granted, Twitter did little to enforce many of the guidelines for quite some time. Only in the past few months has Twitter shown more willingness to bring the hammer down on those it sees breaking the rules.

「問題は、それが新しいTwitterのルールではないことだ。事実、Twitter開発者ルールのアーカイブによれば、少なくとも(『最近の更新』として表示できる限界)2011年4月からそうなっている。したがって本質的にIFTTTは実際には1年以上前に起こったTwitterエコシステムの変更を指していることになる。Twitterは暫くの間、ガイドラインを守るよう強く主張することはほとんどなかった。Twitterがルールを守っていないものに対してハンマーを下ろす意思をより強く表しているのはここ数ヶ月のことだ。」

‘So perhaps IFTTT saw the writing on the wall and decided to drop Twitter support while placing a carefully-worded jab at Twitter’s new hard-line stance on API guidelines. Or perhaps Twitter told IFTTT that it would soon cut them off, and IFTTT beat Twitter to the punch while ultimately making them look bad.’

「従って、IFTTTは恐らく、壁に書かれているのを見て、APIガイドラインに対するTwitterの強行なスタンスに言葉使いに注意しながらジャブを打ちながら、Twitterサポートをやめることにしたのだろう。」

‘I don’t know either way, as neither company is replying to my emails.
All I know is, it’s an unfortunate loss. IFTTT’s Twitter triggers were invaluable for me, as I don’t spend my every waking minute staring at my Twitter stream.’

「いずれの会社もメールに返答していないため、どちらなのかはわからない。分かっているいることは、残念な損失だということだ。Twitterストリームを見て、ウォーキングの時間が取れないので、IFTTTのTwitterトリガーは私にとって欠かせないものであった。」

Fortunately, there’s at least some light at the end of the tunnel. IFTTT says it is “excited to build features that work within Twitter’s new policy,” so perhaps we won’t be long without the feature set. Perhaps the current kerfuffle occurring in the blogosphere is all a tempest in a teapot.
Whatever the case, I expect more of these mini-freak-outs to come as Twitter continues to enforce its rules of the road. Just be sure to read the fine print first.

「幸運にも、トンネルに少しの光がある。IFTTTは、『Twitterの新しいポリシーに従って動作する機能を喜んで構築する』としているため、恐らく機能セットなしにいるのはそんなに長くないかもしれない。ひょっとするとブログ圏に起こっている現在の騒動は、すべてコップの中の嵐かもしれない。いずれにせよ、もっとパニック状態が起こってくると思う。なぜならTwitterはルール実施をより強化してくるからだ。まずはルールをよく読むことだ。」