インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

LDRA社、プログラミングルールのチェックツールLDRArules™を発表

LDRA社は、様々なプログラミング標準のルールを集めたプログラミングルール・チェッカー、LDRArulesを発表した。スタンドアロン製品として提供されるLDRArulesにより、プログラミングの業界標準に準拠することによりソフトウェア品質を向上させることができるとのこと。

以下、LDRA社の発表文より。

‘Because programming errors are responsible for more than 70% of software defects, LDRA has actively worked on a number of standards bodies and organisations to develop programming standards that achieve early error identification and correction.’

「ソフトウェア不具合の70%はプログラミングエラーによるものであることから、LDRAは、早期にエラーを検知し修正できるようプログラミング標準を開発するべく、標準化や標準団体で積極的な活動を展開してきた。」

LDRArules

‘As a result, LDRA offers programming standard conformance for more than a dozen programming standards, including MISRA-C:1998, MISRA-C:2004, MISRA AC, MISRA C++:2008, CERT C, CERT J, CWE, HIS, JPL, JSF++ AV, High Integrity C++, SPARK Ada subset and the Ravenscar Profile. The programming standards provide programming rules across the primary languages used in embedded design: C, C++, Ada and Java.’

「その結果、LDRAは十数のプログラミング標準へ準拠している。MISRA-C:1998、MISRA-C:2004、MISRA AC、MISRA C++:2008、CERT C、CERT J、CWE、HIS、JPL、JSF++ AV、High Integrity C++、SPARK Adaサブセット、 Ravenscar Profileが含まれる。プログラミング標準には、 C, C++, Ada、Javaの組み込み設計で使われる主要言語にわたるプログラミングルールも含まれる。」

‘Developers can choose rules for a specific industry standard or they can select a combination of rules from a variety of standards, creating customised templates tailored for their company and projects. LDRArules documents which rules have been selected, ensuring complete transparency of what programming rules have been implemented.’

「開発者は特定の業界標準のルールを選ぶ、あるいは、自社や自プロジェクト向けにカスタマイズしたテンプレートを作り、様々な標準を組み合わせたルールを選ぶこともできる。LDRArulesはどのルールが選ばれたかをドキュメント化することにより、どのプログラミングルールが実装されたかを完全に透明化することができる。」