インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ReWork、最も充実感がある仕事にターゲットを絞った人材マッチング・サービス

社会的に意義がある仕事をしたい。多くの人はそう望んでいるだろう。しかし現実には、そんな仕事は少なく、たまたま見つけたとしても、金銭的に苦しい場合が多く、ある種の究極の選択を強いられることになる。

ところが、fastcoexistによれば、まさにその分野にターゲットを絞り、両者を成り立たようと挑戦している会社があるらしい。

Creating A Job Market For The Most Fulfilling Jobs(最も充実感がある仕事にターゲットを絞った人材マッチング・サービスを構築)

ReWork

‘If jobs were fun, they wouldn’t be called work. But especially for a younger generation of workers, that attitude is no longer cutting it. People want to feel connected and inspired by how they earn their living, but those jobs aren’t so easy to come by. So Nat Koloc and Evan Walden, the co-founders of ReWork, have created what they call an online passive job market. Is your secret passion to work on sustainable agriculture but you have no idea how you’d make that move? Now you can submit your name and CV to their database, and when a company comes looking for the job you’re passionate about, you’ll be connected and potentially go from toiling away in the rat race to being excited to wake up for work.’

「仕事が楽しければ、それは仕事は呼ばないかもしれない。しかし特に若い世代は、もはやそんなところに線を引かない。生活の糧を得る方法に関与したく、また、素晴らしいと感じたいのだ。しかしそんな仕事にはそうそうお目にかかれない。そこでReWorkの共同創設者Nat Koloc氏とEvan Walden氏は、オンラインのパッシブ求人情報と呼ぶものを作った。持続性の高い農業に従事したいいう情熱を密かに持っているが、どうすれば仕事に就けるか分からないというなら、名前と職歴を入力して彼らのデータベースに登録するのだ。そのような仕事に就いてくれる人を探している会社があわられると、取り次いでくれ、うまくいけばネズミのレースから抜け出し、朝喜び勇んで仕事に行くようになれる。」

普通の人材マッチングと違うのは、スクリーニングがあることだ。仕事を探している側は、インタビューで熱意の度合いを調査され、人材を探している側も、本当に社会的意義がある仕事で、給与支払いも問題ないかなどをチェックされる。

これまでこのような人材マッチングサービスは成り立っていなかったと思う。ReWorkの挑戦に期待したい。