インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Javaと.NETのアプリ間通信を可能にするJNBrigeProがVisual Studio2012に対応

JNBrige社はコロラド州ボールダーを本拠地とし2001年に設立された会社で、Javaと.NETの相互運用性を実現するソフトウェアを提供している。

同社の主力製品であるJNBridgeProでは、Javaコンポーネントと.NETコンポーネントを、同一プロセス上、ネットワーク越しに、あるいはクラウド上で通信するような、以下のアプリケーションを構築できる。

  • 社内システムあるいはクラウドにおいて、同一マシンの同一プロセス上でJavaコンポーネントと.NETコンポーネントがメモリを共有して動作。
  • 社内システムあるいはクラウドにおいて、同一マシンのJavaコンポーネントと.NETコンポーネントがそれぞれ異なるプロセス上でTCP/Binaryで通信しながら動作。
  • Javaコンポーネントと.NETコンポーネントが、ネットワーク越しあるいはクラウド上で、TCP/Binaryで通信しながら動作。
  • Internetを介するか、クラウド上で、HTTP/SOAPで通信しながら動作。

JNBridgeProの最新版6.1ではVisual Studio 2012および.NET Framework4.5に対応した。

JNBridgePro

‘JNBridgePro connects Java and .NET Framework-based components and applications together with simple-to-use Visual Studio and Eclipse plug-ins that remove the complexities of cross-platform interoperability.’

「JNBridgeProはJavaベースと.NET Frameworkベースのコンポーネントやアプリケーションをつなぎ、簡単に使えるVisual StudioとEclipseのプラグインが用意されており、複雑なクロスプラットフォームの相互運用は不要になっている。」

‘In addition to supporting Visual Studio 2012 and .NET Framework 4.5, JNBridgePro will remain fully compatible with previous versions of Visual Studio, starting with 2005, and will enable developers to build applications that target .NET Framework 2.0 through .NET Framework 4.5.’

「Visual Studio 2012および.NET Framework 4.5をサポートするとともに、JNBridgeProは2005以降のVisual Studioの旧バージョンとも互換性を保っており、.NET Framework 2.0から.NET Framework 4.5までをターゲットとするアプリケーションの構築が可能。」

— この互換性は地味だが重要だ。