インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

クラウド企業の注目株12社-その1

Amazon、Google、Salesforce.com、Microsoft、Oracle、IBMなど、いわゆるビッグプレーヤがこぞってクラウド市場でプレゼンスを発揮し、もはやスタートアップ企業が入る込む余地がないと思いきや、果敢に挑戦する企業が出てきており、しかもそこに投資家がかなりの金額を投資してバックアップしているという。

そんな注目株12社がNETWORKWORLDで紹介されている。一度に紹介できないため、まず2社紹介しよう。

CloudOn

Focus: Optimization of Microsoft Office apps for mobile devices
Founded: 2009
Location: Palo Alto, Calif., with offices in Herzliya, Israel
Management: Former Cisco employees Milind Gadekar (CloudOn CEO) and Meir Morgenstern (CloudOn VP of engineering/operations)
Funding: $26 million from Foundation Capital, Embarcadero Ventures, Rembrandt Venture Partners and Translink Capital
Product availability: Free download available on Apple, Android platforms now

狙い:モバイル装置向けにMicrosoft Officeアプリを最適化
創設:2009年
所在地:カルフォルニア州パロアルト、イスラエルのヘルツリーヤにもオフィスあり。
役員:元Cisco社員のMilind Gadekar(CloudOnのCEO)、Meir Morgenstern(CloudOnのエンジニアリング/オペレーション担当副社長)
資金:Foundation Capital、Embarcadero Venture、Rembrandt Venture Partners、Translink Capitalから2600万ドル
製品供給状況:Apple、Androidプラットフォーム向けに無料ダウンロードで提供中(注:iOS用は日本向けは未対応)

CloudOn

Why it’s worth watching: Ask Milind Gadekar, and he’ll tell you that the workforce of the future will rely even more heavily on mobile devices. But for many workers, the most popular applications they use at their jobs are not optimized to work on mobile devices. That’s where CloudOn comes in.

注目すべき理由:Milind Gadekar氏に聞けば、将来の従業員は、より大きくモバイル装置に依存する。しかし、多くの従業員にとって、仕事で良く使うアプリケーションはモバイル装置に最適化されていない。そこがまさにCloudOnが狙っているところ。

CloudOn powers its application using proprietary software developed for optimizing Microsoft Office for use on a gesture-controlled mobile device. On the back end, it leverages file sharing services DropBox, Google Drive and Box, while hosting the software as a service (SaaS)-based application in the Amazon Web Services cloud. The success has fueled the company’s further development. Having raised $26 million through two rounds of funding, the company is aiming to start monetizing the product early next year.

CloudOnは、指の動きでコントロールするモバイル装置での利用にMicrosoft Officeを最適化するために開発された独自のソフトウェアを使っている。バックエンドとしては、Dropbox、Google Drive、Boxなどのファイル共有サービスを活用し、Amazon Web ServicesでSaaSベースのアプリケーションを提供している。これまでの成功によりさらに同社の開発を加速している。2回の投資から2600万ドルを得て、来年初めには収益化を始めることを狙っている。

DeepField

Focus: Cloud and network mapping and performance benchmarking
Founded: 2011
Location: Ann Arbor, Mich.
Management: CEO Craig Labovitz, previously chief scientist/chief architect at Arbor Networks
Funding: $1.5 million in seed funding from DFJ Mercury and RPM Ventures
Product availability: Public beta

狙い:クラウドとネットワークのマッピング、および性能ベンチマーク
創設:2011年
所在地:ミシガン州アナーバー
役員:前Arbor CEO、Craig Labovitz(前Netowrks社のチーフ・サイエンティスト/チーフアーキテクト)
資金:DFJ Mercury、RPM Venturesからシード資金150万ドル
製品供給状況:パブリック・ベータ

DeepField

Why it’s worth watching: Just how well do you know your cloud?

注目すべき理由:クラウドについて良く把握できていないため。

DeepField installs virtual machines on the network to conduct a range of analytical functions. “This allows anyone with a large network or compute infrastructure to get a clear handle on exactly what’s happening in their network,” says DeepField Chief Data Scientist Naim Falandino. DeepField officials are releasing scant details of how the system works because of a patent pending on the back-end technology, but Falandino says it has the ability to conduct real-time monitoring and mapping.

DeepFieldでは様々な分析機能を実行するためにネットワーク上に仮想マシンをインストールする。DeepFieldのチーフ・データサイエンティストNaim Falandino氏によれば「これにより、大規模ネットワークや計算インフラでもネットワーク内で正確に何が起こっているかを明確に管理できるようになる」とする。DeepFieldは、バックエンド技術について特許出願中であることを理由に、システムがどのように動作するかの詳細をあきらかにしていない。しかしFalandino氏によれば、リアルタイムモニタリングとマッピングを行うことが可能としている。