インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

MySQLの改良版を提供するPercona、アップデート版をリリース

MySQLといえば、今やオラクルが提供している、最も広く使われているオープンソースのデータベースの1つ。そんなMySQLを改良した強化版を独自に展開、サポートやトレーニングも安価でていきょうしているのがPercona。そのPerconaが最新のアップデート版をリリースした。

同社の23日付けリリースより。

「Updates for Percona Server, the Enhanced Drop-in Replacement for MySQL, Released(MySQLの強化代替版Percona Serverのアップデートをリリース)」

‘Percona, Inc., the company that makes MySQL faster and more reliable, today announced Percona Server Version 5.5.27-28.0, the latest release of the company’s enhanced drop-in replacement for MySQL. The new version offers four advanced features that speed up searches, increase security, and provide administrators with more control over their Percona Server environment. Offered free as an open source solution, Percona Server offers breakthrough performance, scalability, features, and instrumentation. Its self-tuning algorithms and support for extremely high-performance hardware make it the clear choice for companies that demand the utmost performance and reliability from their MySQL database server. ‘

「高速性と信頼性を高めたMySQLを提供するPercona社は、MySQLの強化代替版の最新リリースpercona Server Version 5.5.27-28.0を本日発表した。新バージョンは、検索の高速化、セキュリティ強化、Percona Server環境の管理機能強化の4つの先進機能を提供するもの。オープンソース・ソリューションとして無料で提供されるPercona Serverは、画期的なパフォーマンス、スケーラビリティ、機能、ツールを提供する。自己チューニングアルゴリズムと超高速ハードウェアのサポートにより、MySQLデータベースで最大限の性能と信頼性を求める企業にとって、これ以外にない選択肢となっている。」

Percona

主要新機能

Tunable Buffer Size(チューニング可能なバッファサイズ)

‘A tunable buffer size enables fast index creation in InnoDB. Adding an index to a table can dramatically speed up searches; however, previously the buffer was a hard-coded 1MB, which severely limited index performance. Using a fix created by the Facebook development team, Percona has added a tunable buffer to Percona Server. The default buffer size is now 8MB and can range between 1MB and 1GB.’

「チューニング可能なバッファサイズにより、InnoDBにおいて高速インデックス作成が可能。テーブルにインデックスを追加すれば、検索を劇的に高速化できるが、これまでバッファは1MBとハードコードで定義されており、インデックス性能を十分に引き出せなかった。Facebook開発チームが作成したフィックスを使うことにより、PerconaはPercona Serverにチューニング可能なバッファ機能を追加した。バッファサイズはデフォルトで8MBになっており、1MBから1GBまでに設定可能。」

Hardened Utility User for Percona Server as a Service (PSaaS)(Persona Server as a Service(PSaaS)向けユーティリティユーザ強化)

‘For those operating Percona Server as a Service, this feature allows the specification of a “utility user” that cannot be erased by the root MySQL user. This enables a watchdog process that can connect using the utility user to, for example, reset the root password without itself being root. The new feature increases security by allowing a PSaaS offering to exist without the hosting provider needing to have a login to the virtual machine or database server. This new features enables capabilities such as “reset password” for service providers.’

「Percona Serverをサービスとする提供者向けに、MySQLのrootで削除できない「ユーティリティユーザ」を指定可能。これにより、ユーティリティユーザを使って接続し、rootにならずにrootのパスワードをリセットできるなどのワッチドッグ・プロセスが可能になる。新機能により、仮想マシンやログインすることなく、ホスティング・プロバイダがPSaaSを提供でき、セキュリティを強化できる。この機能により、サービス・プロバイダは『パスワードリセット』などの機能を実現できる。」

Extending System Variables(システム変数の拡張)

‘To provide more control over option visibility, access and range limits, Percona Server now has the following option modifiers which enable users offering Percona Server as a Service to allow their users to set server options within controllable limits:

  • minimum-= : Indicates that clients cannot set the value of option_name to less than value. If the client does attempt to set the value of option_name lesser than value, the value of option_name will simply be set to value.
  • range-= : indicates that clients may only set the value of option_name to a value between min_value and max_value. If the client does attempt to set the value of option_name lesser than min_value or greater than max_value, the value of option_name will simply be set to either min_value or max_value respectively.
  • hidden- : indicates that clients cannot see or modify the value of option_name.
  • readonly- : indicates that clients can see the value of option_name but cannot modify the value’
ビジビリティ、アクセス、範囲制限の制御機能を強化するため、Percona Serverでは、以下のオプション定義により、PSaaSのユーザに、制限範囲内でサーバオプションをセットできるようになった。
  • minimum-=:クライアントはoption_nameの値を設定値未満にできない。クライアントが設定値以下の値に設定しようとした場合、自動的に設定値になる。
  • range-=:クライアントはmin_valueとmax_value間でoption_nameの値を設定可能。クライアントがmin_value以下あるいはmax_value以上に設定しようとした場合、min_valueあるいはmax_valueに設定される。
  • hidden-:クライアントはoption_nameの値を参照、変更できない。
  • readonly-:クライアントはoption_nameの値を参照可能だが、変更できない。

Table “information_schema.innodb_undo_logs”(「information_schema.innodb_undo_logs」テーブル)

‘Providing greater insight into the XtraDB storage engine, this feature allows access to undo segment information. Each row represents an individual undo segment and contains information about which rollback segment the undo segment is currently owned by, which transaction is currently using the undo segment, and other size and type information for the undo segment. This information is “live” and calculated for each query of the table.’

「XtraDBストレージエンジンを見える化し、undoセグメント情報にアクセス可能にする機能。各行は個別のundoセグメントを示し、どのrollbackセグメントがundoセグメントを所有しているか、どのトランザクションがundoセグメントを使用しているか、その他undoセグメントのサイズやタイプなどの情報が含まれる。この情報は、『リアルタイム』でテーブルに対してクエリが発行されるたびに計算されるもの。」