インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

要求管理ツールinteGREATとは?

要求管理ツールとしては、IBMを始めとして有償のものから、オープンソース系でも様々なものが世に存在している。その中で、あまり表に出てきていないが、その道では豊富な機能を有するツールとして知られているinteGREATを紹介する。

ちなにみinteGREATは、「いんてぐれーと」と発音すると思われるが、INTEGRATEとは違うので念のため(こちらは資生堂のブランド)。

inteGREAT by eDevTECH

 softdevtools.comによれば、

‘inteGREAT is a Requirements Lifecycle Management platform that integrates bi-directionally with Team Foundation Server 11. In fact, it uses TFS as its application and database server, publishing Business, User and System requirements to TFS for enterprise retrieval and reuse. inteGREAT enables users to elicit, analyze, validate, review and manage requirements more efficiently. It provides a common central requirements understanding for all project stakeholders, while automatically generating all of the commonly used documents, diagrams, simulations and test cases required.’

「inteGREATは、要求ライフサイクルマネジメント・プラットフォームで、Team Foundation Server 11と双方向のインテグレーションが実現されている。事実、アプリケーションおよぶデータベースサーバとして、業務要求、ユーザ要求、システム要求を引き出す、再利用し、TFSに公開するためにTFSを使っている。inteGREATにより、ユーザは要求の引き出し、分析、検証、レビュー、管理をより効率良く行うことができる。プロジェクトのステークフォルダ全てに対し、共通の中央集中的な要求レポジトリになるとともに、ドキュメント、ダイアグラム、シミュレーション、テストケースなどよく使うあらゆるものを自動的に生成する。」

この開発元eDevTECH社は1999年に設立されたカナダを本拠地とする会社。

inteGREATには、プロ、プレミアム、アルティメットの3種類のバージョンがある。

残念ながらというか、スタンドアロンでない限り、マイクロソフトのTeam Foundation Serverが必須。さらにSharePoint Serverも必要。マイクロソフトで固めた環境なら検討に値する。