インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

iOSかAndroidかHTML5かで悩むな。モバイル時代のアプリケーション開発戦略

今や企業で使う端末としても無視できない存在になったモバイル。しかしいざ開発しようと考えると、ターゲットをiOSにするか、Androidにするか、ネイティブアプリを開発するか、HTML5で行くか、など、悩みは尽きない。だからといって立ち止まっているわけにはいかない。

InformationWeekのこの記事だ。

Application Development In The Age Of Mobility(モバイル時代のアプリケーション開発)

‘Companies that don’t set a strategy around mobile app development will face a manageability and security nightmare, and they’ll pay dearly for not being able to reuse code.’

「モバイルアプリケーション開発の戦略を決めない企業は、管理面やセキュリティ面で悪夢を見ることになり、コードを再利用できないという代償を追わねばならなくなる。」

App Dev in the Age of Mobility by InformationWeek

‘IT leaders can’t afford to wait for debates such as native versus HTML5 browser-based apps to die down before setting a strategy. Just over half of companies developing or planning custom mobile apps use a Web interface, but another third use a native app for one platform (like iPhone or Android), and a quarter use the hybrid native app skin for a Web app, our InformationWeek 2012 Mobile Application Development Survey finds. And there is plenty of emotion to go with those numbers.’

「ITリーダは戦略を決める前にネイティブかHTML5のブラウザベースのアプリにするのかの議論が収束するのを待っている余裕はない。カスタムのモバイルアプリを開発中あるいは計画中の企業の半数以上は、ウェブインタフェースを使っているが、他1/3は、特定のプラットフォーム(iPhoneやAndroid)でネイティブのアプリを使っており、1/4はウェブアプリにネイティブアプリの皮をかぶせたハイブリッドアプリを使っていることが、Information Week 2012 モバイルアプリケーション開発調査でわかった。まだ、これらの数値には様々な感情が入り乱れている。」

‘”We have found mobile Web being cheaper than native is a fallacy,” says one survey respondent. “We still end up creating many sets of assets for different platforms, and Web browser fragmentation is as bad if not worse than dealing with multiple mobile platforms.”‘

「さる回答者によれば、『モバイルウェブの方がネイティブアプリよりも安価であるというのは間違いであることがわかった』という。『様々な異なるプラットフォーム向けの資産を数多く作らねばならず、ウェブブラウザの断片化は、複数のモバイルプラットフォームを扱うよりも酷くないにしろ、同じくらい酷い。』」

‘People weaned on slick app store fare may spurn small-screen browser apps, but thanks to HTML5, browser technology looks increasingly promising. Whether mobility means a return to native development for your shop largely depends on the audience. Are you writing for customers who will accept nothing less than the highest-performing, fully featured apps that a native approach favors? Or is it for an employee group that needs fewer features–and wants the option of accessing from many different devices, which argues for a browser design? IT will need to navigate these sometimes religious debates. But it can’t let them keep the company from moving forward on a mobile app development strategy.’

「滑らかなアプリに慣れた人たちは小さなスクリーン上のブラウザアプリに見向きもしないかもしれないが、HTML5の登場により、ブラウザ技術はますます有望のように思える。モビリティがネイティブ開発への回帰を意味するかどうかは、アプリの対象者に依存する。ネイティブが向いている高性能で高機能のアプリしか受け入れない顧客向けに作っているのか。あるいは、機能はさほど必要なく、様々なデバイスからアクセスできるオプションを求めており、ブラウザのデザインを議論する類の社員グループ向けなのか。ITは時としての宗教的論争を的確に導く必要がある。しかし、企業はもはやモバイルアプリ開発戦略を進めずにはいられないのだ。」

— 原文のフルテキストをダウンロードするには登録が必要。