インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

プライベートPaaSを構築できるStackato 2.2が登場

カスタムのアプリケーションを開発しようと思えばPaaSが便利だ。APIなど開発環境が整っており、開発工数が大幅に減ることが期待できる。しかしこれまでのところPaaSはパブリッククラウドがほとんどであるため、マルチテナントで他社と同居でいいのかなど、その利用は議論の対象になる。だがActiveStateのStackato 2.2を利用すれば、そんな心配をする必要がなくなる。

‘
“Enterprise developers want to be in the cloud,” says Jeff Hobbs, CTO and VP of engineering at ActiveState. “Now they don’t have to go outside the firewall to get there. Stackato 2.2 delivers the scalability, flexibility and speed to market that developers crave without sacrificing the security, management and monitoring CIOs require.”’

「ActiveSateのCTOでエンジニアリング担当副社長のJeff Hobbs氏によれば、『企業の開発者はクラウドを使いたがっている。今やファイアーウォールの外に出なくてもよい。Stackato 2.2により、CIOが要求するようなセキュリティ、管理、モニタリングを犠牲にせずとも、開発者が求めるスケーラビリティ、柔軟性、迅速な市場投入を可能になる。』」

ActiveState Software

‘
With this release, ActiveState extends the Stackato license to include deployment to production. Customers can now deploy the free Stackato micro cloud to a production server (within a 4GB memory limit).
’

「今回にリリースにより、ActiveStateは、Stackatoのライセンスに本番への実装までを包含した。顧客は無料のStackatoマイクロクラウドを本番サーバに実装可能となった(4GBのメモリに制限)。」

‘
“Stackato has always enabled developers to mirror production environments on their desktop machines,” notes Bart Copeland, CEO at ActiveState. “Now those enterprise developers have the freedom to deploy their prototype applications in the actual production environment.”
’

「『Stackatoは常に開発者が本番環境のミラーをデスクトップマシンに作れるようにしてきた』とActiveStateのCEO、Bart Copeland氏。『今や企業の開発者はプロとタイムアプリケーションを実際の本番環境に実装する自由を得たのだ。』」

‘
Stackato 2.2 raises the bar for enterprise private PaaS with innovative new features:

  • WebSocket API support: Using Stackato 2.2, enterprise customers (particularly financial services firms or game developers) can push “stateful” applications to the cloud. Applications requiring protected, real-time channel communication between server and browser can now be deployed to a secure private PaaS and managed within Stackato 2.2.
  • JBoss compatibility: Stackato 2.2 now supports apps developed for the JBoss application server. Enterprises that have built Java apps on the JBoss application server can move them to and manage them in a Stackato 2.2 cloud without having to recode or modify those apps.
  • Management views for mobile devices: Enterprise IT leads can now take their cloud with them. Stackato 2.2 now offers its best-in-class Management Console in mobile-view form, available for IT managers to monitor the cloud on their portable device.
  • Support for multiple-cloud-controller architectures: Stackato 2.2 provides easy setup of multiple cloud controller nodes for high-availability (HA), highly scalable mission-critical app deployment environments. Additional cloud controllers can be used as high availability failover safety nets or as load balancers to remove potential bottlenecks and improve performance and reliability.’

「Stackato 2.2は企業向けプライベートPaaSを以下の革新的な新機能によりさらに進化させた。

  • WebSocket APIのサポート:Stackato 2.2を使えば、企業の顧客(特に金融サービス会社やゲーム開発者)は『ステートフル』なアプリケーションをクラウドにプッシュできる。Stackato 2.2では、サーバとブラウザ間で保護され、リアルタイムのチャネルコミュニケーションが必要なアプリケーションをセキュアなプライベートPaaSに実装、管理することができる。
  • JBoss互換:Stackato 2.2では、JBossアプリケーションサーバ向けに開発されたアプリをサポート。JBossアプリケーションサーバ上で開発されたJavaアプリをStackato 2.2のクラウドで、コード変更やアプリ修正を行わずに動作、管理することが可能。
  • モバイル機器上でのマネージメント・ビュー:企業ITのリーダは、モバイル上でクラウドを管理可能。Stackato 2.2では、モバイルビューの形でクラス最高のマネージメントコンソールを利用可能となり、ポータブル装置上でクラウドをモニターできる。
  • マルチ・クラウド・コントローラ型アーキテクチャのサポート:Stackato 2.2では、高可用性、高スケーラブルなミッション・クリティカルなアプリの実装環境に対し、複数のクラウド・コントローラ・ノードを簡単にセットアップできるようになった。クラウドコントローラを追加し、高可用性のフェイルオーバー・セーフティ・ネットとして、あるいは、ロードバランサーとして動作させることができるため、潜在的なボトルネックをなくし、パフォーマンスと信頼性を向上させることができる。」

‘Stackato 2.2 is available in Enterprise and Micro Cloud editions. In addition, Stackato is available on Amazon EC2 and HP Cloud Services. Learn more at http://www.activestate.com/stackato.’

「Stackato 2.2はエンタープライズ版およびマイクロクラウド版がある。さらにStackatoはAmazon EC2やHP Cloud Servicesでも利用可能。詳細は、http://www.activestate.com/stackatoまで。」